ESGインデックス(指数)の構成銘柄に選定

2017年7月11日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、英国FTSE Russell社による新しいインデックス「FTSE Blossom Japan Index」および米国MSCI社が新たに開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」と「MSCI日本株女性活躍指数」の3つの構成銘柄に選定されました。

「FTSE Blossom Japan Index」は、ESG(環境・社会・ガバナンス)の視点から優れた日本企業のパフォーマンスを反映するよう設計されたインデックスです。
「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」および「MSCI日本株女性活躍指数」は、日本株の時価総額上位500銘柄の中から、それぞれ各業種の中でESG評価が高い企業、性別多様性に優れた企業が選ばれています。

これら3つの指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が今回新しく選定したESG投資のための指数に選ばれています。

ニコングループは、企業理念の「信頼と創造」のもとにCSRを重視した事業活動を通じて、今後も社会の持続的な発展に貢献していきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。