ニコンの子会社Mark Roberts Motion Control社が「The Queen's Awards for Enterprise」の国際貿易部門を受賞

2017年5月10日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社である、Mark Roberts Motion Control Limited(CEO: Assaff Rawner、本社:英国、以下「MRMC社」)は、「The Queen's Awards for Enterprise」の国際貿易(International Trade) 部門を受賞しました。

「The Queen's Awards for Enterprise」は、英国首相の推薦のもと、英国女王陛下より卓越した業績を達成した企業などに毎年授与されるもので、MRMC社が今回受賞した国際貿易部門を含め計4部門があります。国際貿易部門は、海外における収益を成長させるなど、目覚しい業績の向上を達成した企業などに贈られる賞です。

MRMC社は1966年にロンドンで事業を開始、映像機器の遠隔・自動追尾操作を可能とするロボット制御ソリューションに関する装置の開発、製造、販売を主力事業とし、テレビや映画の撮影からeコマースにおける商品撮影に至るまで幅広く展開してきました。
1999年には、MRMC社の製品「MILO」が、映画産業の特撮技術に貢献したことから「アカデミー科学技術賞」を受賞するなど、優れたロボティクス技術をベースに自動撮影ソリューションを提供し高い評価を得ています。

ニコンとMRMC社は、ニコンのカメラとMRMC社の自動撮影用装置を組み合わせた機器の開発・販売を行う業務提携関係にありましたが、ニコンがMRMC社の発行済株式を100%取得する株式譲渡契約を締結し、MRMC社は2016年10月からニコンの連結子会社となっています。
今後は、MRMC社のテレビや映画業界におけるリーディングポジションを強化するとともに、ニコンの映像関連技術と広範な販売チャネルを活用し新市場の開拓を進めるなど、映像事業において、さらなる事業領域の拡大を推進していきます。

MRMC社の概要

名称 Mark Roberts Motion Control Limited
本社所在地 Unit 3, South East Studios Eastbourne Road Blindley Heath Surrey RH7 6JP United Kingdom
代表者 Assaff Rawner, CEO
事業内容 映像機器のロボット制御ソリューションに関する装置の開発、製造、販売およびレンタル
設立年 1966年
従業員 約50名

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。