大型ラインセンサカメラに適した産業用レンズ「Nikon Rayfact XG」を発売

2016年12月1日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
左:「Nikon Rayfact XG1倍」
右:「Nikon Rayfact XG1.4倍」

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社栃木ニコン(社長:塩釜 吉晴、栃木県大田原市)は、大型ラインセンサカメラ※1に適した産業用レンズ「Nikon Rayfact(ニコン レイファクト)XG」の5機種(0.35倍・0.5倍・0.7倍・1倍・1.4倍)を発売します。
なお、「国際画像機器展2016」(開催期間:2016年12月7日~9日、場所:パシフィコ横浜)に本製品を出展する予定です。

栃木ニコンで開発・販売しているRayfactレンズは、産業用カメラ(ラインセンサカメラ・エリアセンサカメラ※2)を使用する外観検査用に専用設計したレンズで、FPD(Flat Panel Display)用ガラス基板、PCB(Printed Circuit Board)、シート、フィルム、印刷物など、様々な分野の検査に用いられています。

今回発売する「Nikon Rayfact XG」は、特に大型ラインセンサカメラの性能を最大限に発揮することを目的とし、Rayfactレンズにおいて最大クラスのイメージサークル⌀86.4mm※3を実現しています。これにより、広範囲の撮影が一度にできるため、検査のスループットを高めることが可能です。また、イメージサークルの中心から周辺に至るまで均一な解像性能と低ディストーションを実現した光学設計により、欠陥検出に適した画像を取得することができます。

発売概要

商品名 「Nikon Rayfact XG0.35倍」
「Nikon Rayfact XG0.5倍」
「Nikon Rayfact XG0.7倍」
「Nikon Rayfact XG1倍」
「Nikon Rayfact XG1.4倍」
価格 オープンプライス
発売時期 2016年12月中旬予定

主な特長

主な仕様

品名 Nikon Rayfact XG0.35倍 Nikon Rayfact XG0.5倍 Nikon Rayfact XG0.7倍 Nikon Rayfact XG1倍 Nikon Rayfact XG1.4倍
型式 L-OFM035030MN L-OFM050037MN L-OFM070046MN L-OFM100055MN L-OFM140063MN
基準倍率 -0.35倍 -0.5倍 -0.7倍 -1倍 -1.4倍
絞り目盛 4.5 / 5.6 / 8
イメージサークル ⌀86.4mm
視野サイズ※1 ⌀246.9mm ⌀172.8mm ⌀123.4mm ⌀86.4mm ⌀61.7mm
物像間距離 658.4mm 570.0mm 522.2mm 506.2mm 520.4mm
ワーキングディスタンス 452.3mm 344.7mm 273.0mm 219.0mm 182.8mm
マウント M45(P=0.75)
外形寸法※2 ⌀60mm×70mm ⌀60mm×69.9mm ⌀60mm×70mm ⌀60mm×70mm ⌀60mm×69.9mm
質量 約340g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。