「第13回FINA世界短水路選手権大会」に協賛

2016年11月29日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、国際水泳連盟(FINA)が主催する「第13回FINA世界短水路選手権大会」(開催地:カナダ・ウィンザー、開催期間:12月6日~11日)に協賛します。

開催期間中は、プールサイドの看板や男子選手のゼッケン、フォトグラファーが着用するビブスなどに「Nikon」ロゴを掲出します。

また、大会に訪れるプロフェッショナルフォトグラファーを対象に、「NPS(ニコン・プロフェッショナル・サービス)」のサービスデポを会場内メディアワーキングエリアに設置し、カメラ機材の点検、清掃、貸し出し等のサポート・サービスを提供します。

さらに、本大会のプール設営の様子を、優れた防水性能に加え、全方位360°動画撮影が可能なニコン初のアクションカメラ「KeyMission 360」で撮影し、その様子が大会SNSで公開されます。また、大会の会場では本大会組織委員会とNikon Canada Inc.が共同で来場者が記念撮影できるイベントを実施するなど、大会を盛り上げます。

[写真]

25mプールで競われる世界短水路選手権大会は、207の国と地域が加盟する国際水泳連盟が2年に1度開催しています。世界各国から有力選手が集結し、盛り上がりが期待されます。ニコンは、2007年より、国際水泳連盟が主催する「世界水泳選手権大会」および「世界短水路選手権大会」にオフィシャルFINAパートナーとして協賛してきました。常に限界に挑戦するアスリートの姿に共感し、これからも国際的なスポーツイベントの協賛を通じてニコンを国内外にアピールしてまいります。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。