オープンイノベーションを加速するためのニコン独自の取り組みも開始予定

SBIインベストメントとのプライベートファンドの共同設立に関して

2016年7月4日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、SBIホールディングス株式会社(社長:北尾 吉孝氏、東京都港区)の100%子会社であるSBIインベストメント株式会社(社長:川島 克哉氏、東京都港区、以下SBIインベストメント)と共同で、ニコンの既存事業分野およびIT、AI、ロボットなどの最新技術やサービスの新規分野を投資対象とする新たなプライベートファンド「Nikon-SBI Innovation Fund」を7月1日に設立しました。

ニコンは中期経営計画において、新規事業の拡大に向け300億円規模の資金をCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)プログラムに投資する方針を示しており、既にSBIインベストメントを含む複数のVC(ベンチャーキャピタル)経由でグローバルにベンチャー投資を始めています。今回のプライベートファンドの共同設立もCVCプログラムの一環です。
ニコンのCVCプログラムは、ベンチャービジネスが有する最先端技術やビジネスモデルなどを積極的に入手することを目的としていますが、今回のプライベートファンドでは、投資対象をニコンの既存事業のみならず新規分野に拡大します。
SBIインベストメントがこれまで培ってきた成長分野への投資実績と経験を活用し、事業シナジーが見込まれるベンチャー企業への投資を通じて新事業の育成を実現するため、このたび共同でプライベートファンドを設立することとなりました。
「Nikon-SBI Innovation Fund」の規模は最大100億円、運用期間は今後8年間を予定しています。

さらに、ニコンは高い技術力や有望なビジネスプランを有する社外のベンチャー企業、もしくは社内外の起業前のチームに資金とメンタリングを提供する「Corporate Accelerator Program」を開始します。また、社内でのイノベーティブな人材の育成や事業化プロセスの改革などを通して、事業の拡大や新事業の創出を推進します。
ニコン初の試みとなり、オープンイノベーションを加速させます。

新ファンドの概要

ファンド名 Nikon-SBI Innovation Fund
設立日 2016年7月1日
運用期間 8年
運営会社 SBIインベストメント株式会社
投資対象 ニコンの既存事業分野およびIT、AI、ロボットなどの最新技術やサービスの新規分野における有望なベンチャー企業
ファンド規模 100億円(予定)

SBIインベストメント株式会社

SBIグループのアセットマネジメント事業における中核的企業であり、「新産業クリエーター」として、IT、バイオ・ヘルスケア、環境エネルギー分野等の次世代の成長分野の未公開企業に累計3,720億円(2016年3月末)の投資を行っています。
昨今は、事業会社がプライベートファンド(コーポレートベンチャーファンド)を立ち上げ、事業シナジーが期待できるベンチャー企業への投資を通じて新事業の育成を図る動きが活発化しており、そういった動きの中でこれまでに培ったベンチャー企業育成の知見をいかし、事業会社とベンチャー企業の連携を通じたイノベーション創出を支援しています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。