日本の国連加盟60周年(2016年)記念事業

「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」学生フォトコンテスト協賛について

2016年6月10日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、国際連合広報センターならびに上智大学が主催する日本の国連加盟60周年記念事業「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」学生フォトコンテストに協賛し、世界の課題解決を促進するためにつくられた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)」※1の普及、啓発活動に協力していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界をかえるための17の目標 1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう 6.安全な水とトイレを世界中に 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 10.人や国の不平等をなくそう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 16.平和と公正をすべての人に 17パートナーシップで目標を達成しよう (2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です)

「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」学生フォトコンテスト概要

テーマ 「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」
募集期間 2016年6月10日(金)~9月4日(日)
応募資格 大学生・短大生・大学院生・専門学校生(国籍不問。日本在住の方に限りません)
主催 国際連合広報センター、上智大学
特別協力 ゲッティイメージズ ジャパン株式会社
後援 外務省、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
協力 株式会社シグマ、株式会社CCCメディアハウス、株式会社ニコン
パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社、株式会社良品計画
(五十音順)
審査員 レスリー・キー氏(写真家)
安田 菜津紀氏(フォトジャーナリスト)
片岡 英子氏(ニューズウィーク日本版フォトディレクター)
レベッカ・スウィフト氏(ゲッティイメージズ クリエイティブディレクター)
水島 宏明氏(上智大学新聞学科教授)
根本 かおる氏(国際連合広報センター所長)
賞・発表
  • 大賞(外務大臣賞):1点
  • 優秀賞:3点
  • 特別賞(Diorウーマン・エンパワーメント賞):1点
  • 入賞:数点
  • 応募内容や数により変更することがあります
  • 2016年10月発表
  • 10月24日の「国連デー」に授賞式と作品展を開催予定
応募方法

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。