ニコンの写真共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」を全面リニューアル

2016年2月23日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、オンライン上の写真共有サービス「NIKON IMAGE SPACE(ニコン イメージ スペース)」(http://nikonimagespace.com)の全面リニューアルを実施し、2016年2月22日に公開しました。

[写真]
全面リニューアル後の「NIKON IMAGE SPACE」トップページ

「NIKON IMAGE SPACE」は、画像の共有・共感のための空間を意味し、写真や動画の撮影を楽しむ全ての方が利用できる無料の写真共有サービスで、2013年1月からサービスを開始しています。
どなたでもお使いいただける保存容量2GBまでの「ベーシックプラン」に加え、ニコン製カメラをお持ちの方であれば保存容量を20GBに拡張できる「Nikon ID※1プラン」がご利用いただけます。

今回の全面リニューアルにより、「NIKON IMAGE SPACE」の操作性や実用性がさらに向上しました。また、BLE(Bluetooth® low energy)テクノロジーでニコンのデジタルカメラとスマートデバイスとの常時接続を可能にするサービス「SnapBridge」※2の専用アプリからのアップロードであれば、サムネイル画像(1920×1080ピクセル相当)を枚数無制限で自動アップロードすることが可能になります。

「NIKON IMAGE SPACE」の主なリニューアル内容

1. 写真を見る楽しさが広がり、自分の撮影の傾向などがわかる「見る」「整理する」「振り返る」画面を搭載

2. 共有機能の拡充

7日間または30日間の共有期限の設定や、共有時における撮影データの公開・非公開設定など、共有する際の機能を拡充しています。また、会員種別に関わらず、どなたでもパスワード付与機能を利用できるようになりました。

3. 操作性と利便性がさらに向上

「NIKON IMAGE SPACE」への登録やログインを、「Facebook」「Twitter」「Google+」のアカウントを利用して行えるようになったほか、メールアドレスとパスワードの入力だけで仮登録が完了し、即時に「NIKON IMAGE SPACE」を利用することが可能になりました。
また、写真にタグを付けるだけで、撮影日別やカメラ名別と同様に、同じタグの写真を自動的にまとめて閲覧することができ、一度付けたタグは入力候補に表示されるため、頻繁にタグ付けを行う際に便利です。

ニコンは、「NIKON IMAGE SPACE」の新機能の開発およびさらなるサービスの向上に今後も取りくみ、デジタル写真のさまざまな楽しみ方を提供していきます。

  • *Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社ニコンはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
  • *App Store®は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。