機能安全規格IEC61508 SIL3に対応可能

多回転アブソリュートエンコーダ「MAR-M40AS」「MAR-MK42AS」を発売

2015年12月1日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、機能安全規格(IEC61508 SIL3※1)に対応した多回転アブソリュートエンコーダ※2「MAR-M40AS」「MAR-MK42AS」の2機種を発売します。この2機種は、独立した2系統から位置情報を検出・送信が可能となり、搭載されたロボットの安全なモーション監視を実現します。

なお、本製品は「2015国際ロボット展」(日時:2015年12月2日~5日、場所:東京ビッグサイト)に出展予定です。

発売概要

商品名 機能安全規格対応アブソリュートエンコーダ「MAR-M40AS」「MAR-MK42AS」
価格 オープンプライス
発売日 2015年12月1日
[写真]
「MAR-M40AS」
左:内部構成となるM系列スケール
右:本体外観
[写真]
「MAR-MK42AS」

主な特長

1. 高い安全性能

ロボット動作安全監視ユニットの併用により、本エンコーダを搭載したシステム全体の安全性能として、IEC61508 SIL3、ISO13849-1※3 PLe/Cat.4(安全カテゴリ4)まで実現可能です。エンコーダ単体の安全性能は、IEC61508 SIL2、ISO13849-1 PLd/Cat.2(安全カテゴリ2)に適合します。
(安全性能に関しては第三者認証機関より製品認証取得済)

2. 位置情報の二重化(位置情報Pos1、Pos2)

エンコーダ内部で独立した二系統の位置情報(一回転、多回転)を検出し、ニコンA-Safetyフォーマットにより二重化された状態で上位のコントローラーに送信します。エンコーダを2台使用しなくても安全なモーション監視が可能です。
また、二重化された位置情報を得ることにより、従来不可能であったロボットシステム停止状態(エンコーダバックアップ動作状態)における多回転誤計数を検出することが可能になりました。【参考:エンコーダ内部システム図】

3. 置き換え容易性

従来機種(MAR-M40シリーズ、MK32シリーズ)とメカ部分を共通化することで、モータへの取付けは互換性を有しており従来機種からの置き換えが容易です。

4. 最高16Mbpsの高速通信を実現

従来機種は通信ボーレート4Mbpsまでの対応でしたが、M40AS、及びMK42ASは最高16Mbpsの高速通信を可能にしました。(オプション対応)

[図]
【参考:エンコーダ内部システム図】

主な仕様

基本仕様

分解能 Pos1
 1回転部分
 多回転部分

20ビット (1,048,576P/R) / 17ビット (131,072P/R)
16ビット (65,536P/R)
Pos2
 1回転部分
 多回転部分

3ビット (8P/R)
16ビット (65,536P/R)
応答回転速度 通常動作時 6,000 min-1(オプションで7,200 min-1に対応)
バッテリバックアップ時 10,000 min-1
電源 通常動作時 DC 5V±5%
バッテリバックアップ時 DC 3.6V(ER電池)
消費電流(通常動作時) 130 mA(TYP)
消費電流(外部バッテリバックアップ時) 45μA(TYP)
動作温度範囲
 電気二重層コンデンサ非搭載品
 電気二重層コンデンサ搭載品

-20℃~+95℃
-20℃~+85℃
寸法 外径 M40AS:φ35 mm /MK42AS:φ60 mm
高さ M40AS:13.4 mm(TYP)/ MK42AS:23 mm(TYP)

機械的仕様

軸慣性モーメント M40AS:3.24×10-7 kg・m2
MK42AS:2.54×10-6 kg・m2
許容回転角加速度 1.0×105 rad/sec2

通信仕様

伝送規格 EIA規格RS-485準拠
伝送方式 NRZ半2重シリアル通信
通信プロトコル ニコンA-Safetyフォーマット(ニコンAフォーマットの安全テクノロジー対応仕様)
ボーレート 2.5Mbps(オプション:4Mbps、6.67Mbps、8Mbps、16Mbps)
信号線数 4本(6本)
バス接続(オプション) 最高8軸までエンコーダを接続可能

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。