レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J5」が「アジアデザイン賞 2015」において銅賞を受賞

2015年11月25日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)のレンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J5」(2015年4月発売)が、「アジアデザイン賞 2015」において銅賞を受賞しました。
「アジアデザイン賞」は、優れたデザインを評し卓越したデザインを認めることを目的に、香港デザインセンター※1の旗艦プログラムとして2003年に発足した国際的なデザイン賞です。世界中で高い評価を受けているデザインの専門家が審査員を務め、特別賞、大賞、金賞、銀賞、銅賞、メリット賞を選出しています。
「Nikon 1 J5」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2015年度「グッドデザイン賞」も受賞しており、そのデザインが国内外で高く評価されています。

  • ※1香港特別行政区政府などの支援を受け、2002年に発足した独立非営利団体。「デザイン」と「イノベーション」を通して社会的幸福を促進することを使命とし、香港をアジアの優れたデザイン拠点として確立することを目的としている。

「Nikon 1 J5」について

高級感のあるシンプルかつモダンなデザインのボディーに、有効画素数2081万画素、新開発の裏面照射型CMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 5A」を搭載しているほか、AF追従で世界最速※2の約20コマ/秒の高速連続撮影を実現。ニコンデジタルカメラ初の4K動画撮影機能や、自分撮りができるチルト式液晶モニターなども備えた本格仕様と高い操作性を追求したモデルです。

  • ※22015年4月2日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。

  • こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

検索

サイト内検索