効率的な顕微鏡観察を追求

培養倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2」を発売

2015年11月24日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、効率的な顕微鏡観察を追求した培養倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2」(エクリプス Ts2)を発売します。
培養倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2」は、ニコン倒立顕微鏡のエントリーモデルである「ECLIPSE TS100」の後継機種で、その優れた光学性能を継承しながらも操作性を向上し、効率的な顕微鏡観察を可能にします。また、新たに開発したコントラスト観察法により、生物学・医学分野の基礎研究の核となる細胞観察をサポートします。

なお、本製品は、日本分子生物学会(2015年12月1日~4日、於:神戸)および米国細胞生物学会「ASCB」(2015年12月12日~15日、於:米国 サンディエゴ)に出展いたします。

発売概要

商品名 培養倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2」
価格(税別) 位相差観察モデル ECLIPSE Ts2 400,600円~
蛍光観察モデル ECLIPSE Ts2-FL 1,268,100円~
(価格は仕様により異なります)
発売時期 2016年1月予定
[写真]
ECLIPSE Ts2 位相差観察モデル

開発の背景

倒立顕微鏡は観察対象を下から観察するタイプの顕微鏡で、生物学・医学分野では培養細胞などの生きた標本の観察、実験等に使用されています。細胞生物学・分子生物学をはじめとする基礎研究の実験場面では、培養細胞の状態を正確かつ効率的に確認することが求められます。
ニコンはこのようなニーズに応え、優れた光学性能と操作性を追求した「ECLIPSE Ts2」を開発しました。

主な特長

1. 新規開発の「エンボスコントラスト観察」

無染色の培養細胞を観察するためには位相差観察が主に用いられています。ニコンは新たに「エンボスコントラスト観察」を開発。「エンボスコントラスト観察」は、顕微鏡にスライダーを2か所装着するだけで、簡単にコントラスト観察が可能となりました。従来の位相差観察において苦手とされていた、iPS細胞などの厚みのあるサンプルも、自然なコントラストで観察が可能です。

2. LED光源で快適・簡単に観察

透過照明、蛍光照明に心出し調整不要のLED光源を採用。ウォームアップ時間が不要なため、迅速な細胞観察が可能です。
また、明るい部屋でも蛍光観察を可能にするコントラストシールド(オプション)もご用意し、より快適な観察環境を提供します。

3. 操作性の向上

本体前面のボタンのみで透過/落射光源の切り替えおよびオン/オフが可能です。透過観察は左側、蛍光観察は右側に操作系をそれぞれ集中させているため、直感的な操作が行えます。

主な仕様

モデル Ts2 Ts2-FL
観察方法 明視野、位相差、
APC(Apodized Phase Contrast)、
エンボスコントラスト
明視野、位相差、
APC(Apodized Phase Contrast)、
エンボスコントラスト、
蛍光
光学系 CFI60無限遠光学系
照明 透過照明:LED 透過/落射照明:LED
接眼レンズ 10x(視野数22)
レボルバー 固定5孔
コンデンサー ELWDコンデンサー(NA 0.3、W.D. 75mm)
エンボスコントラスト エンボスコントラストスライダー(コンデンサー側・鏡筒側の2か所に装着)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。