コンパクトな筐体で多彩な観察方法に対応

研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2R」を発売

2015年11月24日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、コンパクトな筐体で多彩な観察方法に対応した研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2R」(エクリプスTs2R)を発売します。
ニコンの研究用倒立顕微鏡シリーズの新しいラインナップとなる「ECLIPSE Ts2R」は、幅広い観察方法と快適な操作感で、生物学・医学分野の大学・企業における研究をサポートします。

なお、本製品は日本受精着床学会(2015年11月26日~27日、於:東京)および日本分子生物学会(2015年12月1日~4日、於:神戸)、米国細胞生物学会「ASCB」(2015年12月12日~15日、於:米国 サンディエゴ)に出展します。

発売概要

商品名 研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ts2R」
価格(税別) 位相差観察モデル ECLIPSE Ts2R 1,133,200円~
蛍光観察モデル ECLIPSE Ts2R-FL 2,297,100円~
(価格は仕様により異なります)
発売時期 2016年1月予定
[写真]
ECLIPSE Ts2R 位相差観察モデル

開発の背景

倒立顕微鏡は観察対象を下から観察するタイプの顕微鏡で、生物学・医学分野の研究室において広く使用されています。多岐にわたる用途に応えるためには、幅広い観察方法への対応はもちろんのこと、研究施設内の限られたスペースに配置できるコンパクトな筐体と優れた操作性が必要とされます。
ニコンはこのようなニーズに応え、研究用倒立顕微鏡の新しいスタンダード機として「ECLIPSE Ts2R」を開発しました。

主な特長

1. 多彩な観察方法に対応

位相差観察、微分干渉観察、NAMC観察に加え、新たに「エンボスコントラスト観察」を開発。「エンボスコントラスト観察」は、がん細胞や受精卵などの厚みのある標本でも自然なコントラストで観察でき、ガラス容器だけでなくプラスティック容器にも対応しています。

2. コンパクトな筺体

筐体の奥行きと高さを約10%小型化。コンパクト設計の透過観察専用機と蛍光照明光学系を内蔵した蛍光観察専用機は、顕微鏡周辺の省スペースと研究室での作業環境向上を実現します。

3. 操作性の向上

4. 高性能、高品質の光学アクセサリー

微分干渉観察等の各種光学アクセサリーは、上位機種である研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ti」と同クラスの高精度と高剛性を実現し、クリアな観察像を得られます。

主な仕様

モデル Ts2R Ts2R-FL
観察方法 明視野、位相差、APC
(Apodized Phase Contrast)、
NAMC、微分干渉、
エンボスコントラスト
明視野、位相差、APC
(Apodized Phase Contrast)、
NAMC、微分干渉、
エンボスコントラスト、
蛍光
光学系 CFI60無限遠光学系
照明 透過照明:LED 透過/落射照明:LED
鏡筒
  • 双眼鏡筒
  • 傾角鏡筒
接眼レンズ 10x(視野数22)
レボルバー 固定6孔、DICスロット付
コンデンサー コンデンサーターレット
コンデンサーレンズを併用
エンボスコントラスト エンボスコントラストスライダー(鏡筒側に装着)
エンボスコントラストモジュール(コンデンサーターレットに装着)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。