オーストリア競争法違反による課徴金支払いについて

2015年10月30日

当社の子会社 Nikon GmbH(ドイツ連邦共和国・デュッセルドルフ)のウィーン支社は、過去の販売店とのカメラの再販価格維持に関して競争法違反の指摘をオーストリア連邦競争庁(以下、同庁)から受けていました。以来、調査に全面的に協力してきましたが、今般、同庁との和解手続において、170,000ユーロ(約 2,300万円)の課徴金支払いに合意し、当該合意に基づいた、現地の裁判所の判決が10月13日に確定しました。

株主の皆様、お客様をはじめとする関係者の皆様に対し、ご迷惑とご心配をおかけすることになり深くお詫びいたします。
当社グループは、再発防止に向けたコンプライアンス徹底の取り組みを継続し、皆様からの信頼の回復に向け、一層の努力をしてまいります。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。