ナノクリスタルコート、電磁絞り機構、フッ素コートをDXレンズで初採用

小型・軽量の、ニコンDXフォーマット対応の5倍標準ズームレンズ
「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を発売

2015年7月2日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を発売します。

「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」は、焦点距離16-80mm(FXフォーマット・35mm判換算で24-120mm相当の撮影画角)をカバーし、最広角側で開放F値2.8を実現した、明るい5倍標準ズームレンズです。
高性能と高い携行性を兼ね備え、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラシステムの機動力をさらに向上させます。
また、DXレンズにおいて初めて採用したナノクリスタルコートに加え、非球面レンズ、EDレンズにより、ゴーストや色収差を抑えた高い光学性能を実現。さらに、高速連続撮影時の安定した露出制御を実現する電磁絞り機構と、優れた撥水・撥油性で汚れが付着しにくく付着しても容易に拭き取れるフッ素コートの2つも、DXレンズで初めて採用しています。
NORMALモード撮影時、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)を実現しており、手持ちによる軽快で本格的な撮影が可能です。

最新の光学設計と明るい開放F値により、本格的な広角撮影をはじめとする多様な撮影シーンに対応可能で、プロフェッショナルやハイアマチュアユーザーの旺盛な撮影意欲に応えます。

発売概要

商品名 「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」
希望小売価格 ¥125,000(税別)
発売時期 2015年7月16日予定
[写真]

主な仕様

焦点距離 16-80mm
最大絞り 焦点距離16mm時:f/2.8
焦点距離80mm時:f/4
レンズ構成 13群17枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
画角 83°-20°
寸法(大きさ) 約80mm(最大径)× 85.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約480g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。