蛍石レンズを採用し、当社の従来製品から大幅な軽量化を実現

開放F値4の、焦点距離500mm、600mmの超望遠レンズ
「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」を発売

2015年7月2日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応、開放F値4の、焦点距離500mm、600mmの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」と「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」を発売します。

「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」発売概要

商品名 「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」
希望小売価格 ¥1,200,000(税別)
発売時期 2015年7月16日予定
[写真]

「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」発売概要

商品名 「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」
希望小売価格 ¥1,475,000(税別)
発売時期 2015年7月16日予定
[写真]

「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」と「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」は、蛍石レンズ2枚を採用し大幅な軽量化を実現しました。「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」は従来製品の「AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」よりも約20%(約790g)軽量化した約3,090g、「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」は従来製品の「AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR」よりも約25%(約1,250g)軽量化した約3,810gを実現しています。蛍石レンズに加え、鏡筒にはマグネシウム合金製部品を採用し、軽量化と堅牢性を両立しました。

さらに、蛍石レンズ、EDレンズによって色収差を効果的に補正できるほか、ナノクリスタルコートの採用でゴーストやフレアを抑えることができ、高い光学性能を実現しています。

また、手ブレを効果的に軽減するVR機構をさらに進化させました。NORMALモード撮影時、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)を実現しているほか、スポーツなど動きの激しい被写体の撮影に適したSPORTモードを搭載。また、カメラの電源を入れた直後のVR性能を向上させ、電源を入れてすぐにシャッターをきってもブレを抑えた画像が得られます。さらに、高速連続撮影時に、高いAF追従性と電磁絞り機構による露出制御の安定性を実現します。

汚れが付着しにくく付着しても簡単に拭き取れるフッ素コートをレンズ前面の保護ガラスに採用しているほか、縦横の構図変更がスムーズにできるベアリングを用いた三脚座リングも備え、充実の仕様でプロフェッショナルフォトグラファーを強力にサポートします。

「AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR」の主な仕様

焦点距離 500mm
最大絞り f/4
レンズ構成 12群16枚(EDレンズ3枚、蛍石レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)、他保護ガラス1枚(フッ素コートあり)
画角 5°00′(DXフォーマット時:3°10′)
寸法(大きさ) 約140mm(最大径)×387mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約3,090g

「AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR」の主な仕様

焦点距離 600mm
最大絞り f/4
レンズ構成 12群16枚(EDレンズ4枚、蛍石レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)、他保護ガラス1枚(フッ素コートあり)
画角 4°10′(DXフォーマット時:2°40′)
寸法(大きさ) 約166mm(最大径)×432mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約3,810g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。