経済産業省および東京証券取引所の「攻めのIT経営銘柄」に選定

2015年5月27日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、2015年5月26日に「攻めのIT経営銘柄」に選定されました。

「攻めのIT経営銘柄」は、経済産業省および株式会社東京証券取引所(社長:清田 瞭、東京都中央区)が共同で、経営革新や競争力の強化のためにITの積極的活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定・発表するものです。「経営計画における攻めのIT活用・投資の位置づけ」をはじめとする5項目において評価が高く、ROE(株主資本利益率)実績が業種平均以上である企業が選定されます。

ニコングループでは、今回の受賞は当社のIT活用が高く評価されたものと認識し、今後もITを戦略的に活用しビジネスの変革に役立てていくことを目指します。

攻めのIT経営銘柄 Competitive IT Strategy Company

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。