知財功労賞 特許庁長官表彰を受賞

2015年4月13日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、意匠活用優良企業として、経済産業省 特許庁の「知財功労賞 特許庁長官表彰」を受賞しました。

知財功労賞とは、知的財産権制度の発展に貢献した個人および企業等を表彰することにより、同制度の普及・啓発に資するとともに産業の発展に寄与することを目的に、経済産業省 特許庁が創設した賞で、経済産業大臣表彰および特許庁長官表彰(両表彰を総称して「知財功労賞」)があります。

受賞のポイントは、以下の通りです。

ニコンは長年にわたり、知的財産活動に真摯に取り組んできました。その積み重ねが、長期的かつ安定的な事業の継続を支える原動力となり、お客様に信頼していただけるニコンブランドの価値形成に貢献しています。
今回の受賞は当社の知的財産活動への取り組みが高く評価されたものと認識し、今後も有力な知的財産権を蓄積し、それらを活用することでさらなる成長へと繋げていきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。