映像制作・編集用外部レコーダーへのHDMI出力の際、録画開始・停止の同期が実現

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D4S」、「ニコン D810」、「ニコン D750」の新ファームウェアを開発

2015年4月10日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D4S」、「ニコン D810」および「ニコン D750」の新ファームウェアを開発し、本年夏に公開する予定です。

本ファームウェアによって、「D4S」、「D810」、「D750」の映像制作・編集用外部レコーダーへのHDMI出力において、外部レコーダーとの録画開始・停止の同期が実現します。高い解像力を誇る「D4S」、「D810」、「D750」と、優れた描写性能を発揮する「NIKKOR」レンズを活かして撮影した高精細な動画の編集作業を強力にサポートします。
なお、本ファームウェアは、4月11日から16日までの6日間、米国ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大の放送機器展覧会「2015 NAB Show」のNikon Inc. ※1ブースにてデモンストレーション展示※2を行う予定です。

近年、お客様のデジタルカメラの動画撮影機能に対するニーズが高まっています。また、デジタル一眼レフカメラは、TVCFや映像作品を作るプロフェッショナルの現場でも使われるようになっています。こうした状況を受け、「D4S」「D810」および「D750」のフルHD動画をさらに活用していただくことを目的に、動画撮影機能を強化する本ファームウェアを開発します。
ニコンは、今後もプロフェッショナルフォトグラファー、ビデオグラファー、映像クリエイターおよびハイアマチュアなどの創作意欲に応え、ニコン映像製品の性能や機能を最大限に活用しながら長くご愛用いただけるよう、引き続き動画撮影機能の拡張とサポート強化に努めていきます。

「D4S」について

「ニコン D4S」は、画質、ワークフローと操作系、動画など、プロフェッショナルフォトグラファーの厳しい条件下で必要とされる性能、機能を向上させ、完成度を高めたニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラのフラグシップモデルです。
高い鮮鋭感と立体感のある高画質な写真が撮影可能です。動画撮影においても、豊かな階調性と高い鮮鋭感のある動画が得られます。また、さらに見やすくなった高性能ファインダーを搭載するなど操作性も強化しました。

[写真]

「D810」について

有効画素数3635万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 4」により、ISO64~12800の幅広い常用感度域、高い鮮鋭感と豊かな階調性を実現したニコンデジタル一眼レフカメラ史上最高画質を誇るモデルです。鮮鋭感が高くなめらかなフルHD動画(1920×1080:60p)の撮影が可能です。

[写真]

「D750」について

有効画素数2432万画素、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 4」がもたらす高品位画質とプロフェッショナルモデルに迫る本格仕様を、機動力の高い小型・軽量、薄型ボディーに凝縮した、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラです。ニコンFXフォーマットモデル初のチルト式液晶モニターや内蔵Wi-Fi®機能を搭載し、ユーザーの利便性を追求しています。

[写真]
  • *記載されている会社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。