2000mm相当の超望遠撮影が高画質で楽しめる光学83倍ズームのNIKKORレンズを搭載した「COOLPIX P900」を発売

2015年3月2日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、本格的な撮影ができる多機能、高性能なコンパクトデジタルカメラCOOLPIX Pシリーズの「COOLPIX P900」を発売します。

「COOLPIX P900」は、広角24mm相当から超望遠2000mm相当(35mm判換算の撮影画角)までをカバーする光学83倍ズーム(ダイナミックファインズーム時166倍※1)を搭載。色収差の補正に優れたスーパーEDレンズを採用した大口径レンズにより、超望遠撮影時でも鮮鋭感のある美しい描写が可能です。
そのほか、デュアル検知光学VRにより達成した5.0段※2の手ブレ補正効果や、約0.12秒※3の撮影タイムラグを実現しているほか、アイセンサー付き電子ビューファインダーなどを搭載しています。

発売概要

商品名 ニコンデジタルカメラ「COOLPIX P900」
価格 オープンプライス
発売時期 2015年3月19日予定
[写真]

主な特長

1. 光学2000mm相当(35mm判換算の撮影画角)、光学83倍ズーム(ダイナミックファインズーム時166倍)の高性能なNIKKORレンズ

広角24mm相当から超望遠2000mm相当(35mm判換算の撮影画角)までをカバーする光学83倍の超高倍率NIKKORレンズを搭載しています。色収差の補正に優れたスーパーEDレンズを採用した大口径レンズにより、超望遠撮影時でも鮮鋭感のある画像が得られます。また、ダイナミックファインズームで電子ズーム領域でも解像感を保ったまま166倍までズームが可能なほか、レンズ前約1cmまで被写体に近づけるマクロ撮影も可能です。遠くの被写体のみならず、目の前の被写体も高画質で撮影できます。
さらに、シーンモードに「月」モードと「鳥」モードを備え、カメラの設定が難しい月や野鳥の撮影も簡単に行えます。

2. 5.0段の手ブレ補正効果を実現したデュアル検知光学VR

新開発のデュアル検知光学VRにより、5.0段の手ブレ補正効果を実現しました。角速度センサーで検出した「手ブレ情報」と、画像情報をもとに算出した「ブレの方向と量の情報(動きベクトル)」の2つのブレ情報を新開発のVRアルゴリズムで演算することで、より高精度なブレ量演算を実現。手ブレ補正の精度が大幅に向上しました。

3. シャッターチャンスを逃さない高速AF性能などにより短い撮影タイムラグを実現

新フォーカス機構を搭載し、最広角側で約0.12秒、最望遠側で約0.75秒の高速化を実現。シャッターボタンを押してから撮影できるまでの撮影タイムラグが短く、撮りたい瞬間を逃しません。

4. 覗くだけですぐにファインダー撮影ができるアイセンサー付き電子ビューファインダー

視野率約100%、約92万ドットの高精細0.2型液晶の電子ビューファインダーを搭載。アイセンサーにより、目を近づけるだけで、液晶モニター撮影から電子ビューファインダー撮影へ自動的に切り替えることができます。モニターボタンによる手動切り替えも可能です。

5. 快適な撮影をサポートする優れた装備

6. その他の特長

主な仕様

型式 コンパクトデジタルカメラ
有効画素数 1605万画素(画像処理で減少することがあります)
レンズ 光学83倍ズーム、NIKKORレンズ、焦点距離:4.3-357mm(35mm判換算24-2000mm相当の撮影画角)、開放F値:f/2.8-6.5、レンズ構成:12群16枚(EDレンズ5枚、スーパーEDレンズ1枚)、電子ズーム倍率:最大4倍(35mm判換算で約8000mm相当の撮影画角)
画像モニター 広視野角3型TFT液晶モニター、反射防止コート付き、約92万ドット(RGBW)、輝度調節機能付き、バリアングル方式
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード
寸法(幅×高さ×奥行き) 約139.5×103.2×137.4mm(突起部除く)
質量(重さ) 約899g(電池、メモリーカード含む)
  • *記載されている会社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。