「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」への参画について

2014年6月5日

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」に参画し、持続可能な紙利用に向けての活動を推進します。

同コンソーシアムは、2013年11月、環境や社会に配慮した紙の利用を社会全体で推進するため、国際環境保全NGOの世界自然保護基金(WWF)ジャパン、企業の持続可能性の推進をはかる株式会社レスポンスアビリティと紙利用について日本国内で先進的な取り組みを行っている企業によって設立されました。
参加するメンバーがそれぞれの立場から環境や社会に配慮した紙利用を促進することで、社会全体に持続可能な紙の利用が拡大・浸透することを目指しています。

ニコングループは、2013年4月に「紙調達方針」を制定し、生物多様性保全、および森林資源の持続可能な利用に配慮した紙の調達を推進しています。
今回、同コンソーシアムに参画することにより、他の参画企業とコンソーシアムの目指す姿の実現に向けて活動するとともに、参画企業との情報交換を通じて、ニコングループ内での取り組みを促進していきます。

詳細は、「WWFジャパン」のホームページをご覧ください。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。