一眼レフカメラ用交換レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」の「カメラグランプリ 2014 レンズ賞」を合わせてトリプル受賞を達成

ニコンデジタル一眼レフカメラ「ニコン Df」が、「カメラグランプリ 2014 大賞」「カメラグランプリ 2014 あなたが選ぶベストカメラ賞」をダブル受賞

2014年5月20日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコンDf」が、カメラグランプリ 2014(カメラ記者クラブ主催)において、「カメラグランプリ 2014 大賞」および「カメラグランプリ 2014 あなたが選ぶベストカメラ賞」をダブル受賞しました。一眼レフカメラ用交換レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」も「カメラグランプリ 2014 レンズ賞」を受賞し、ニコンはトリプル受賞を達成しました。

ニコン Df
AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

「Df」は、2013年4月1日から2014年3月31日までの1年間に日本国内で発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れた1機種として「カメラグランプリ 2014 大賞」に選出されたと同時に、一般ユーザーの投票により選ばれる「カメラグランプリ 2014 あなたが選ぶベストカメラ賞」を受賞しました。
「あなたが選ぶベストカメラ賞」では、過去7回のうち、ニコンのデジタル一眼レフカメラが6回、2011年からは4年連続受賞しており、ニコンのカメラが多くのユーザーから高い支持を頂いたためだと認識しています。
また、「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」が、もっとも優れたレンズに与えられる「カメラグランプリ 2014 レンズ賞」を受賞し、「カメラグランプリ 2014」の4つの賞のうち3つをニコン製品が受賞しました。

なお、「Df」は世界的に権威のある写真・映像関連の賞「TIPA アワード 2014」にて「ベスト プレミアム カメラ」も受賞しています。

「Df」の主な特長

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」の主な特長

「Df」の選考理由

<カメラグランプリ 2014 大賞> カメラグランプリ 2014実行委員会のコメント

「効率化やハイスペック化が最優先のデジタル全盛の時代にあって、かつて流れていたであろう「スローライフ」的な写真撮影の豊かな時間と、精密機器を操るという愉しみを、今一度取り戻すための“提案”として大ヒット。ともすれば、「懐古趣味」や「後ろ向きの商品」との批判も寄せられたが、「肩の力を抜いて撮影に臨む」というスタイルの提案は、今の時代にあって新鮮な共感をもって迎え入れられた。
また、その復古調のデザインがもたらす操作性と基本性能の高さ、旧ニッコールレンズ(非AIレンズ)への対応などは、往年の銀塩カメラファンのみならず、このカメラをきっかけにデジタルカメラの門を叩いたという新たな層をも呼び込んだ。その功績は大きく、加えて開発者の顔が明確に見える、近年まれなデジタルカメラという点は、まさにイヤーカメラとして相応しい。」

<カメラグランプリ 2014 あなたが選ぶベストカメラ賞> 一般ユーザーのコメントの一部

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G 」の選考理由

<カメラグランプリ 2014 レンズ賞> カメラグランプリ 2014実行委員会のコメント

「開放絞りでの遠景撮影で点を点として描写しつつも、近接撮影時のボケ味の美しさを併せ持つ現代版ノクトニッコール。絞りや撮影距離の変化による描写の違いを、1本のレンズで味わえる点も魅力。大きさやバランス重視の流れの中で、あえて個性的であり、使いこなす歓(よろこ)びを提案した意欲作。開発者のこだわりが伝わってくる一本。」

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。