主レンズの光学性能を最大限に引き出す、1.4倍テレコンバーターも発売

焦点距離400mm、開放F値2.8の大口径超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」を発売

2014年5月14日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応、焦点距離400mm、開放F値2.8の大口径超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」および、1.4倍テレコンバーター「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」を発売します。

「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」は、蛍石レンズ2枚、EDレンズ2枚およびナノクリスタルコートを採用し、高い光学性能を実現した超望遠レンズです。蛍石レンズに加え、鏡筒にマグネシウム合金製部品を採用し軽量化、質量約3800gを実現。高い機動性を発揮します。さらに、高速連続撮影時の安定した露出制御を可能にする電磁絞り機構に加え、新たに、スポーツなどの動きの激しい被写体を撮影する際に有効なVRモード「スポーツモード」を搭載しています。スポーツ、報道などの現場における決定的な瞬間を追求するプロフェッショナルのニーズに応えたレンズです。

「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」は、主レンズの焦点距離を1.4倍にするテレコンバーターです。最新の光学設計により、主レンズの光学性能を最大限に引き出します。

「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」および「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」には、耐久性が高く、撥水・撥油性に優れるニコン独自のフッ素コートをNIKKORとして、初めて採用しています。

「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」発売概要

商品名 「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」
希望小売価格 1,375,000円(税別)
発売時期 2014年8月予定

「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」発売概要

商品名 「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」
希望小売価格 57,500円(税別)
発売時期 2014年8月予定

「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」※1の主な特長

「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」の主な特長

「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」の主な仕様

焦点距離 400mm
最大絞り f/2.8
レンズ構成 12群16枚(蛍石レンズ2枚、EDレンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)、保護ガラス1枚(フッ素コートあり)
画角 6°10′(FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
4°(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
寸法(大きさ) 約159.5mm(最大径)×358mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約3800g

「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」の主な仕様

レンズ構成 4群7枚(フッ素コートあり)
マウント 前側:AF-S レンズ専用マウント
後側:ニコンFマウント
寸法(大きさ) 約64mm(最大径)×24.5mm(バヨネットマウント基準面の間隔)
質量(重さ) 約190g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。