Rayfactレンズ最大のイメージサークルφ90mmを実現

産業用レンズ「Nikon Rayfact IL95mmF5.6N」を発売

2014年3月25日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社栃木ニコン(社長:塩釜 吉晴、栃木県大田原市)は、印刷物やプリント基板、シートの外観検査等に適した産業用レンズ「Nikon Rayfact IL(ニコン レイファクト アイエル)95mmF5.6N」を2014年4月から発売します。

発売概要

商品名 「Nikon Rayfact IL95mmF5.6N」
価格(税別) 70,000円
発売時期 2014年4月予定

発売のねらい

栃木ニコンで開発・販売しているRayfactレンズは、産業用カメラ(ラインセンサカメラ※1 ・エリアセンサカメラ※2)を使用する外観検査用途に専用設計されたレンズで、シート、フィルム、印刷物、FPD(Flat Panel Display)用ガラス基板など、様々な分野の検査に用いられています。

今回発売する「Nikon Rayfact IL95mmF5.6N」は、産業用レンズのエントリーモデルとして各種検査分野でご好評いただいている「Nikon Rayfact ILシリーズ」の実績を生かしつつ、大型センサーカメラでの使用を可能にした設計になっています。
Rayfactレンズにおいて最大のイメージサークル※3φ90mmを実現するとともに、0.25倍から2.0倍までの広い倍率範囲をカバーするラインナップを揃えています。倍率範囲全域において中心から周辺まで良好な性能を発揮します。

栃木ニコンの産業用レンズは、「Nikon Rayfact IL95mmF5.6N」の投入により、エントリーモデルのさらなる拡充を図り、エントリーからハイエンドまで充実したラインナップを揃えることで、ユーザーの多様なニーズに応えます。

主な特長

1. イメージサークルφ90mmを実現

これまでRayfactレンズにおけるイメージサークル最大径は、「Nikon Rayfact MJ 90mm F4」のφ82mmが最大でしたが、φ82mm以上の大型センサーカメラの使用ニーズに対応するため、「Nikon Rayfact IL95mmF5.6N」では最大径φ90mmを実現しました。一度で広範囲の撮影ができるため、検査のスループットを高めることが可能です。

2. 0.25倍から2.0倍までの広い倍率範囲をカバー

0.25倍から2.0倍まで、広い倍率範囲をカバーするラインナップを揃えるとともに、倍率範囲全域において中心から周辺まで良好な性能を発揮できる設計になっています。

3. 価格、性能において使い勝手に優れたレンズ

「Nikon Rayfact ILシリーズ」で培った実績をもとに、エントリーモデルとして必要十分な光学性能を保ちながらお求めやすい価格を設定しています。価格と性能の両面において、使い勝手に優れた産業用レンズです。

主な仕様

品名 Nikon Rayfact IL95mmF5.6N
型式 OFM0300020ML OFM0600033ML OFM1000044ML OFM0600033ML(※4)
レンズ取付方向反転時
倍率範囲 -0.25倍~-0.5倍 -0.5倍~-0.75倍 -0.75倍~-1.25倍 -1.25倍~-2.0倍
基準倍率 -0.3倍 -0.6倍 -1.0倍 -1.66倍
焦点距離 94.9mm 95.5mm
絞り目盛 5.6 / 8 / 11 / 16 / 22 /32
基準波長 587.56nm(d線)
使用波長域 380nm~700nm
像面サイズ
(イメージサークル)
φ90.0mm
物体サイズ φ360~φ180mm φ180~φ120mm φ120~φ72mm φ72~φ45mm
ワーキングディスタンス 444.1~254.3mm 257.8~194.1mm 193.7~142.9mm 145.1~116.5mm
マウント d=39mm 1/P=26(ライカねじ) M43×0.75ねじ
外形寸法(※5) φ51.0mm×51.6mm φ51.0mm×51.55mm φ51.0mm×51.4mm φ51.0mm×51.55mm
質量 約155g 約160g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。