高倍率で明るい視界を実現した大口径モデル
ニコン双眼鏡「MONARCH 5」シリーズ対物口径56mmを発売

2013年8月22日PRESS RELEASE/報道資料

「MONARCH 5 20×56」

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ED(特殊低分散)ガラスの採用によりクリアな視界を実現した、防水型双眼鏡「MONARCH 5(モナーク ファイブ)」シリーズ対物口径56mm3機種を発売します。

今回発売する3機種は、「MONARCH 5」シリーズの新モデルです。対物口径を56mmと大きくし、明るさを追求しました。

発売概要

商品名 ニコン双眼鏡「MONARCH 5」
希望小売価格 「MONARCH 5 8×56」 ¥63,000(税抜¥60,000)
「MONARCH 5 16×56」 ¥69,300(税抜¥66,000)
「MONARCH 5 20×56」 ¥73,500(税抜¥70,000)
  • 三脚アダプター「TRA-3」付
発売予定 2013年9月5日

主な特長

1. 明るく自然な見え味

対物レンズにEDガラスを採用し、色にじみの原因となる色収差を補正しています。高反射誘電体多層膜を採用した補助プリズムと、ダハプリズムに位相差補正コーティングを施したことにより、可視光全域で透過率を向上させ、明るく自然な色調と鮮明な視界が得られます。また、すべてのレンズ、プリズムに施した多層膜コーティングにより、明るい視界を実現しました。

2. 大口径・高倍率

対物口径56mmと大口径であることから、薄暗い状況でも十分な明るさで観察できます。また、「16×56」、「20×56」は、「MONARCH」シリーズにおける高倍率機種です。観察対象が遠くにあっても、ダイナミックな視界で捉えることが可能です。

3. 優れた防水性能

本体内部に窒素ガスを充填することによって、光学系の内部に曇りやカビが生じにくい防水構造になっています。突然の雨や水しぶきにも安心なため、自然観察や天体観測、バードウォッチングなど幅広い用途に使用できます。

4. 使いやすさを追求

接眼目当てに、クリック付ターンスライド(回転繰出し)方式を採用しているため、のぞきやすい位置で接眼目当てを顔にフィットさせることができます。また、アイレリーフが長いため、眼鏡をかけたままでも広い視界を得ることが可能です。なお、紛失防止に配慮したフリップダウン式対物レンズキャップを採用しています。

主な仕様

  MONARCH 5 8×56 MONARCH 5 16×56 MONARCH 5 20×56
倍率(倍) 8 16 20
対物レンズ有効径(mm) 56 56 56
実視界(°) 6.2 4.1 3.3
見掛視界(°)*1 46.9 59.6 59.9
1000mにおける視界(m) 108 72 58
ひとみ径(mm) 7.0 3.5 2.8
明るさ 49.0 12.3 7.8
アイレリーフ(mm) 20.5 16.4 16.4
最短合焦距離(m)*2 7.0 5.0 5.0
質量(重さ)(g) 1,140 1,230 1,235
高さ(mm) 199 199 199
幅(mm) 146 146 146
眼幅調整範囲(mm) 60~72 60~72 60~72

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。