デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7100」が「EISAアワード」を受賞

2013年8月20日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7100」が、欧州を代表する権威ある映像・写真関連の賞、「European Imaging and Sound Association(EISA) Photo Awards」において、「ヨーロピアン カメラ 2013-2014」を受賞しました。

「ニコン D7100」(2013年3月発売)は、有効画素数2410万画素、ニコンDXフォーマットCMOSセンサーと高性能画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。鮮鋭感の高い描写を実現する光学ローパスフィルターレス仕様を採用しています。また、高密度51点AFシステムと使用頻度の高い中央部15点にはクロスタイプセンサーを搭載し、高い描写と被写体捕捉性能を小型・軽量ボディーに凝縮したデジタル一眼レフカメラです。今年5月の「TIPAアワード 2013」に続く受賞となり、世界で高い評価を得ています。

ニコン D7100

「D7100」(2013年3月発売)の「ヨーロピアン カメラ 2013-2014」受賞理由(EISAコメント)

「D7100」は、高画質と先進機能を兼ね備えた、ニコンDXフォーマットのフラッグシップモデルです。有効画素数は2410万画素、光学ローパスフィルターレス仕様が採用され、鮮鋭感の高い画像を撮影することができます。高密度51点AFシステムの搭載により、被写体を的確に捕捉、追尾する高い被写体捕捉性能を発揮します。さらに、高速連続撮影が可能で、動きの速い被写体でも的確に捉えます。また、高性能光学ファインダーと明るい場所での視認性の高い高精細液晶モニターにより、ファインダー、ライブビューどちらの場合でも快適な撮影をサポートします。鮮明なフルHD対応のDムービーによる動画撮影や、非圧縮のHDMI出力による外部ストレージデバイスへの直接記録も可能です。

EISAアワードについて

「EISA」は、欧州20ヶ国におよぶ主要なフォト・ビデオ・オーディオ、ホームシアター、モバイル機器関連専門誌約50誌が加盟している団体です。毎年、過去1年間に欧州で発売された映像関連商品の中から、カテゴリーごとにもっとも優れた商品を選出しています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。