レンズ交換式カメラ用の「NIKKOR」レンズ、累計生産本数 8,000万本を達成

2013年6月13日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のレンズ交換式カメラ用の「NIKKOR(ニッコール)」レンズの累計生産本数が、2013年6月中旬に8,000万本を達成しました。

ニコン(当時:日本光学工業)は、1959年に一眼レフカメラ「ニコンF」を発売し、この「ニコンF」と同時に発売された「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が、最初のニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズです。このレンズの発売以来、長きにわたり「NIKKOR」の伝統を引き継いでいます。
さらに、2011年10月から発売を開始した「Nikon 1」用の交換レンズのラインナップの拡充も進めており、この度8,000万本を達成しました。

ニコンは、2012年11月初旬にレンズ交換式カメラ用の「NIKKOR」レンズの累計生産本数7,500万本を達成しており、それ以降も「NIKKOR」レンズの新製品を積極的に投入しています。
2013年に入ってから、ニコン一眼レフカメラ用の交換レンズでは、クラス最高レベルのAF速度を誇るニコンFXフォーマット対応の5倍望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」など計3本を発売しています。
また、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」専用の「1 NIKKOR」レンズでは、2013年に入ってから、1本で広角域から望遠域までカバーする10倍ズームレンズ「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6」など計3本を発売しています。現在ニコンでは、全9本の「Nikon 1」用の交換レンズをラインナップしており、今後もさらなる拡充を進めます。

「NIKKOR」ブランド、「NIKKOR」発売80周年について

「NIKKOR(ニッコール)」は、ニコン製写真用レンズのブランドで、今年で発売から80周年を迎えました。「NIKKOR」という名称は、ニコン創業時の社名「日本光学工業株式会社」の略称であった「日光」の英文表記「NIKKO」に、当時、写真レンズの名称の末尾によく使われていた「R」がつけられ誕生しました。

「NIKKOR」は、開発設計から製品化に至るまで、ニコン独自の高水準規格によって管理が行われており、ユーザーのニーズに応える設計、それを実現する生産体制、および検査が「NIKKOR」レンズの高い品質を支えています。

なお、ニコンのレンズ交換式カメラ用レンズは、超広角から超望遠、フィッシュアイ、ズームレンズ、マイクロレンズ、PC-Eレンズとさまざまな用途に対応した幅広いラインナップを取り揃えており、レンズ交換式アドバンストカメラ用レンズ「1 NIKKOR」を含めると現在80種類以上をラインナップしています。
今後も高品質で魅力的な製品の開発、市場投入に努めていきます。

「NIKKOR 80th Anniversary Special Movie」YouTube

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。