ニコンデジタル一眼レフカメラ「D800E」がカメラグランプリ2013の「あなたが選ぶベストカメラ賞」を受賞

2013年5月15日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のデジタル一眼レフカメラ「D800E」が、2012年4月1日から2013年3月31日までの1年間に日本国内で発売されたスチルカメラの中から、もっとも優れた製品を選ぶカメラグランプリ2013(カメラ記者クラブ主催)において、「あなたが選ぶベストカメラ賞」を受賞しました。

「あなたが選ぶベストカメラ賞」は、2008年にカメラグランプリ25周年を記念して制定されたもので、今回は2013年3月25日から4月14日に行われた一般ユーザーの投票によって選ばれました。今回の結果により、ニコンの「あなたが選ぶベストカメラ賞」の受賞は、一昨年の「D7000」、昨年の「D800」に続き3年連続となり、過去6回のうち5回をニコンのデジタルカメラが受賞したことになります。

「D800E」(2012年4月発売)は、世界最高有効画素数3630万画素(36.3メガピクセル)を有する圧倒的な高画素モデルで、「カメラグランプリ2012大賞」をはじめ、「TIPA アワード 2012」や「European Imaging and Sound Association(EISA) Photo Awards」などで国内外から高い評価を得ている「D800」(2012年3月発売)の解像感をさらに際立てる超高解像仕様モデルです。
「D800」の高い基本性能と機動性を損なうことなく、より高い解像感を実現するために撮像素子の光学ローパスフィルターの働きを無効化することで、レンズからの光をより直接的にCMOSセンサーへと導き、解像力を最大限に引き出します。極めて解像感が高く立体感のある画像が得られるので、高い鮮鋭感が求められる風景や美術品の撮影に適しており、発売以来、ハイアマチュアからプロフェッショナルユーザーまで幅広い支持を得ています。

ニコン D800E

「D800E」の選考理由

<カメラグランプリ2013 あなたが選ぶベストカメラ賞> 一般ユーザーのコメントの一部

「D800E」の主な特長

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。