ニコンプラザ仙台開設1周年「復興支援連続企画展」を開催

2013年2月1日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)と株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンプラザ仙台の開設1周年を迎える2013年2月より「復興支援連続企画展」を開催いたします。

ニコンプラザ仙台は、「写真の力で復興支援」のスローガンのもと、東日本大震災復興支援活動の一環として2012年2月28日に開設されました。ニコンプラザ仙台では、今年1周年を迎えるにあたり、被災地で支援活動に取り組む特定非営利活動法人や公益財団法人などの団体と協力し、「復興支援連続企画展」を2013年2月から6月にわたって開催します。この企画展は、株式会社ニコンの協賛によって開催され、写真を通じた被災地での活動報告や生態系などの調査報告、復興支援写真コンクール優秀作品の発表などが行われます。また各展示にあわせ、トークイベントなどの特別イベントも開催します。

ニコンプラザ仙台の概要
ニコンイメージングジャパンが運営する「ニコンプラザ仙台」は、支援に取り組むNPOやボランティア団体による各種活動や地元の文化活動に無料で利用できる「コミュニティースペース」、東北各県の写真愛好家・団体等が会場費無料で写真展を開催できる「フォトギャラリー」、映像関連機器の修理・メンテナンス窓口となるサービスセンターを併設した複合施設です。なお、ニコンプラザ仙台の展示は、入場無料でご覧いただけます。

住   所 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル)ビル29F
TEL 022-715-1490   FAX 022-715-1491
業務時間 9:30~18:00(日曜日、祝日、年末年始を除く)

ニコン協賛「復興支援連続企画展」4月までのスケジュール
(同時開催される特別イベントを含む)

開催期間 主催者および企画展名(会場)
2月7日(木)~ 2月20日(水) 主催者: 公益財団法人 日本自然保護協会
企画展名(会場): 青森~千葉 震災後の海岸の自然環境の変化 ~海岸植物群落から見た海岸の今とこれから~(コミュニティースペース)
◇特別イベント:2月16日(土)東日本海岸調査報告会(コミュニティースペース)
2月20日(水)~ 3月5日(火) 主催者: 公益財団法人 日本財団
企画展名(会場): ~東日本大震災復興応援イベント~ 日本財団写真・動画コンクール2012 写真部門入賞作品展(フォトギャラリー)
3月6日(水)~ 3月19日(火) 主催者: 公益財団法人 オイスカ
企画展名(会場): 震災復興 海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画(フォトギャラリー)
◇特別イベント:3月8日(金)海岸林再生プロジェクト トークイベント(AERビル1階 アトリウム)
3月26日(火)~ 4月9日(火) 主催者: 株式会社ニコン
企画展名(会場): 中学生フォトブックプロジェクト展(コミュニティースペース)
◇特別イベント:3月29日(金)~31日(日)中学生フォトブックプロジェクト特別展示(AERビル1階 アトリウム)
4月3日(水)~ 4月16日(火) 主催者: 特定非営利活動法人 映像情報士協会
企画展名(会場): 未来への教科書 ~ For Our Children ~ 写真展(フォトギャラリー)
◇特別イベント:4月6日(土)復興支援メディア隊トークイベント(AERビル1階 アトリウム)

5月以降の予定について
5月以降の予定につきましては、5月1日(水)~ 日本赤十字社、5月15日(水)~ 特定非営利活動法人アースウォッチジャパン、5月29日(水)~ 公益財団法人 日本財団による展示を予定しています。展示内容は、株式会社ニコンイメージングジャパンのホームページ ニコンプラザ仙台「復興支援イベントスケジュール」にて、3~4月頃にお知らせいたします。

ニコン協賛「復興支援連続企画展」のうち4月までの各展示内容

公益財団法人 日本自然保護協会  青森~千葉 震災後の海岸の自然環境の変化 ~海岸植物群落から見た海岸の今とこれから~

日本自然保護協会が2012年度に調査した、青森県から千葉県までの津波の被害を受けた砂浜海岸の植物の変化について報告を行います。この調査は、地元に暮らす方々の協力のもと、市民調査で実施されました。今回は、調査結果はもちろん、海岸の津波前後の写真、砂などを展示。特別イベントとして、2月16日(土)13:00~15:00には、日本自然保護協会のメンバーによる東日本海岸調査報告会が行われます。

公益財団法人 日本財団   ~東日本大震災復興応援イベント~ 日本財団写真・動画コンクール2012 写真部門入賞作品展

“震災を忘れない”をテーマに、昨年3月に開催された「日本財団 写真・動画コンクール2012」の写真部門に入賞した全15作品を展示します。このコンクールは、「日本財団 共(シェア)コンクール」と名称を新たに、今年も3月11日から募集を開始します。2月22、23日には、昨年の審査会などの動画もご覧いただけます。

公益財団法人 オイスカ  震災復興 海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画

企業・行政・民間などの協働で進められている、津波によって失われたクロマツの海岸林再生へ10年計画で取り組むプロジェクトの報告展です。これまでの活動(クロマツの種まきや育苗の様子)や今後の計画について、写真とデータで報告します。特別イベントとして、3月8日(金)には、海岸林再生プロジェクト関係者によるトークイベントを、AERビル1Fアトリウムで開催します。

株式会社ニコン  中学生フォトブックプロジェクト展

「写真の力で復興支援」のスローガンのもとニコンが取り組む復興支援活動のひとつ、「中学生フォトブックプロジェクト」の展示です。このプロジェクトは、中学生が写真を撮り、選び、伝えたい思いを言葉にしてフォトブックを制作するという活動です。今回は、宮城県の参加中学校の生徒たちの作品およびフォトブックの展示を行います。特別イベントとして、3月29日(金)~3月31日(日)に、AERビル1Fアトリウムでの特別展示も開催します。

特定非営利活動法人 映像情報士協会  未来への教科書 ~ For Our Children ~ 写真展

映像情報士協会を中心に組織された「復興支援メディア隊」による「未来への教科書 ~ For Our Children ~ 」の写真展です。東北各地で生まれている日本人の素晴らしさや底力を象徴する物語を記録・蓄積して子どもたちへの“教科書”としてまとめ、内外に発信するこの活動から、ここ1年以内に復興への力強い歩みを収めた写真展を開催します。特別イベントとして、4月6日(土)には、復興支援メディア隊メンバーのトークイベントをAERビル1F アトリウムで行います。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。