約3割の軽量化を実現した小型・軽量タイプのニコンフィールドスコープ「PROSTAFF 3」を発売

2013年1月29日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)はバードウォッチングをはじめとした自然観察を気軽に楽しめる、携帯性に優れた小型・軽量タイプのフィールドスコープ「PROSTAFF(プロスタッフ) 3」を発売します。

発売概要

商品名 ニコンフィールドスコープ「PROSTAFF 3」
希望小売価格 ¥46,200(税抜 ¥44,000)
発売予定 2013年3月下旬

「PROSTAFF 3」は、明るくクリアな視界を実現した小型・軽量タイプのフィールドスコープです。気密性に優れた防水・防曇構造と、ボディーに衝撃に強いラバーコーティングを施したことにより、ハードな条件下でも優れた耐久性を実現しています。軽量な三脚とキャリーバッグを付属しており、これから新たに自然観察を楽しもうとする方にも最適な入門機です。

「PROSTAFF」は、実用性を重視するユーザーのこだわりに応える性能・機能を提供する製品のブランドとして開発してきました。今後も「PROSTAFF」ブランドの魅力ある製品を開発し、ラインナップを強化していきます。

主な特長

1. 携帯性に優れた小型・軽量タイプ

倍率16-48倍のズーム接眼レンズを一体化した、ダハプリズム採用の小型・軽量タイプです。従来機種に比べ、約3割の軽量化を実現しました。携帯性に優れており、バードウォッチングをはじめとした自然観察を気軽に楽しむ入門機として最適です。また、広範囲のズーム機能により、低倍率で対象物をとらえた後に高倍率で大きく見るなど、自在に倍率を変えて観察を楽しむことができます。

2. 明るくクリアな視界を実現

レンズ・プリズムの全面に光の透過性を高める多層膜コーティングを施しているため、明るくクリアな視界が得られます。

3. 気密性に優れた防水・防曇構造

本体内部に窒素ガスを充填した、気密性に優れた防水・防曇構造です。雨天時や、温度差が大きく変化する場合であっても、レンズ内部の曇りを生じにくくします。

4. 直感的な観察ができる使いやすさを追求

対物レンズから接眼レンズまで直線的なデザインを採用しているため、フィールドスコープをまっすぐに向けて対象物を容易に視野にとらえることができ、直感的にすばやく観察することが可能です。ボディー表面には、衝撃に強く、手にしっくりとなじむラバーコーティングを施しています。

5. 軽量三脚とキャリーバックを標準装備

軽量で使いやすい三脚と専用設計のキャリーバッグを付属しています。野外での自然観察を気軽に楽しむことができます。

主な仕様

倍率(倍) 16-48
対物レンズ有効径(mm) 60
実視界(°) 2.3※1
見掛け視界(°) ※2 35.6※1
1000m先における視界(m) 40※1
ひとみ径(mm) 3.8※1
明るさ 14.4※1
アイレリーフ(mm) 19※1
最短合焦距離(m)※3 10.0
質量(重さ)(g) 620
サイズ(長さ×幅)(mm) 313 X 74

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。