ニコンが第17回「IR優良企業賞」(2012年度)を受賞

2012年11月8日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、「IR優良企業賞」(2012年度)を初めて受賞しました。今回の受賞は先月の「証券アナリストによるディスクロージャー優良企業選定 電気・精密機器部門」第1位に次ぐものとなります。

一般社団法人 日本IR協議会が主催する「IR優良企業賞」は、IRの趣旨を深く理解し、積極的に取り組み、市場関係者の高い支持を得るなどの優れた成果をあげた企業を選び、表彰することを目的として1996年に開始し、今回で17回目を迎える表彰制度です。今回は日本IR協議会の会員で株式を公開している企業のうち、応募企業294社の中から「IR優良企業賞」として6社が選定されました。

当社が選定された理由は以下の通りです。
「過去数年で着実にIRの評価が高まっている。IR部門の対応が優れ、各セグメントの市場環境、競争状況などの情報開示も進んでいる。説明会では、必ず事業部門のトップが参加している点や、公平に説明する機会を設けているという点が評価されている。タイ洪水の際は、影響を定量的に把握し、かつ開示したスケジュールに沿って復旧が進められた。こうした事業環境変化への対応をタイムリーに説明することで、投資家と経営者が課題を共有できている。」

ニコンは、「信頼と創造」を企業理念とし、企業情報を積極的かつ公正に開示することを基本姿勢としています。今後も経営姿勢や事業活動、製品および技術情報などを広く提供することで、株主・投資家の皆様のニコンへの理解を一層深めていただく活動を推進していきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。