レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」用レンズ「1 NIKKOR」で最軽量

開放F値1.8の明るい単焦点レンズ「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」を発売

2012年9月13日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1(ワン)」用の「1 NIKKOR(ワン ニッコール)」レンズの「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」を発売します。

「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」は、「1 NIKKOR」としては最も明るい開放F値1.8、焦点距離18.5mmの標準単焦点レンズ(35mm判換算で焦点距離50mm相当の画角)です。明るい開放F値1.8を活かして、光量の少ない室内でも必要以上にISO感度を上げずに手ブレや被写体ブレを防いだ撮影が可能。「Nikon 1 J1/J2」、「Nikon 1 V1」は1/16000秒までの高速シャッタースピードに設定できるため、昼間の明るい環境下でも開放F値1.8を活かしてボケを狙った撮影が可能です。

新開発の光学系には非球面レンズを採用し、優れた描写力と小型・軽量(質量約70g)を実現。小型・軽量のカメラボディー「Nikon 1 J1/J2」、「Nikon 1 V1」と組み合わせても「Nikon 1」の携帯性を損なうことなく、撮りたい場面に対応してレンズを選ぶ・交換するという楽しみができます。単焦点レンズならではのシャープな画像と美しいボケ味が楽しめます。また、最短撮影距離は0.2mで、手軽にクローズアップ撮影も可能です。

「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」は、パーティーなどの特別なシーンや日常のポートレート撮影などで、背景をボカして人物を印象的に際立たせるなど、レンズ交換で広がる表現力を気軽に楽しめ、初めて単焦点レンズをお使いになる方にも適した1本です。

「1 NIKKOR」は、半世紀以上の歴史を持つニコンFマウントに続く新設計のレンズマウントシステム「Nikon 1マウント」を採用した「Nikon 1」用交換レンズです。ニコンが培ってきたNIKKORの光学技術と高品質、先進技術が受け継がれており、静止画だけでなく動画でもシャープな描写を実現します。今回発売する「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」は、昨年発売した標準ズームレンズ「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」、コンパクトな望遠ズームレンズ「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」、広角薄型単焦点レンズ「1 NIKKOR 10mm f/2.8」、動画撮影におすすめのパワードライブ機構搭載「1 NIKKOR VR 10-100mm f/4.5-5.6 PD-ZOOM」の4本、2012年9月発売の2.5倍標準ズームレンズ「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」に続く、6本目の商品となります。

「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」発売概要

商品名 「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」
希望小売価格 ¥31,500(税別¥30,000)
発売予定 2012年11月
カラー ブラック、シルバー、ホワイト
ブラック
シルバー
ホワイト

主な特長

「1 NIKKOR 18.5mm f/1.8」の主な仕様

焦点距離 18.5mm
最大絞り f/1.8
最小絞り f/16
レンズ構成 6群8枚(非球面レンズ1枚)
画角 46°40'
最短撮影距離 撮像面から0.2m
最大撮影倍率 約0.12倍(35mm判換算 約0.32倍)
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
アタッチメントサイズ 40.5mm(P=0.5mm)
寸法(大きさ) 約56mm(最大径)× 36mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約70g
付属品 40.5mmスプリング式レンズキャップ LC-N40.5、裏ぶた LF-N1000

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。