国連子供環境ポスター原画コンテスト
第21回入賞作品発表、および第22回作品募集開始のお知らせ

2012年9月12日

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、国連環境計画(UNEP)、地球環境平和財団(FGPE)及びバイエル(Bayer AG)と共に「第21回国連子供環境ポスター原画コンテスト」を開催し、グローバル部門の入賞作品を選出しました。
また、2012年9月12日より、共催団体とともに「第22回国連子供環境ポスター原画コンテスト」の日本国内の募集を開始いたします。

「第21回国連子供環境ポスター原画コンテスト」入賞作品発表

第21回の原画コンテストでは、2012年6月にブラジル・リオデジャネイロ市で開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」のテーマにちなんで設定された「グリーンコミュニティ(みどりの社会)」をテーマに作品を募集し、世界81カ国から63万点を超える応募がありました。最終選考(グローバル審査会)は、共催団体の審査員とともにニコン本社で行われ、1位~5位までの57点が、グローバル部門の入賞作品として選出されました。なお、1位~3位の上位入賞者8名は、表彰式へ招待されます。

国連子供環境ポスター原画コンテストの詳細については、こちらをご覧ください。

第21回国連子供環境ポスター原画コンテスト
グローバル部門1位

作者:Diana Fanさん
13歳 アメリカ合衆国

「第22回国連子供環境ポスター原画コンテスト」の作品募集開始

2012年9月12日より、共催団体とともに「第22回国連子供環境ポスター原画コンテスト」の日本国内の募集を開始いたします。小学生及び中学生を対象に、次のテーマを表現した作品を募集します。応募要項をご確認のうえ、応募票とともに地球環境平和財団事務局へご応募ください。

テーマ 生命の源「水」~それはどこからくるの?
募集期限 2013年2月28日(木)消印有効

応募詳細は「地球環境平和財団」のウェブサイトをご確認ください。(日本国内募集要項、応募票含む)

  • 「国連子供環境ポスター原画コンテスト」は、世界中の子どもたちを対象とした一般公募型の絵画コンテストです。世界の共通語である絵を介し、世界の子どもたちの「地球を守ろう!」というメッセージを、民族や言葉の壁をこえて世界中の人々の胸にストレートに伝えることを目的に、1991年から毎年実施しています。このコンテストは、毎年、地球環境保全についてのテーマを設定し、世界6地域(アフリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ・カリブ、北アメリカ、西アジア)で地域審査会を経て、毎年4月頃に開催されるグローバル審査会(最終選考)で入賞作品を選出します。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。