過去13回の調査において、9度目の1位を獲得

日経ビジネス誌「2012年版アフターサービス満足度ランキング」のデジタルカメラ部門で第1位

2012年7月31日

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)および子会社の株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、「日経ビジネス」誌による「2012年版アフターサービス満足度ランキング」(2012年7月30日号に掲載)でお客様から高い評価をいただき、デジタルカメラ部門アフターサービス満足度第1位を獲得しました。今回の結果により「日経ビジネス」誌による過去13回の調査において、9度目の1位を獲得したことになります。
本ランキングは、「日経ビジネス」の発行元である日経BP社と日経BPコンサルティングが行ったアンケート調査によるものです。

ニコンおよびニコンイメージングジャパンは、東日本大震災で被災された地域の支援活動拠点として、2012年2月に「ニコンプラザ仙台」を宮城県仙台市に開設しました。ニコンでは、「ニコンプラザ仙台」を東北各県で活動するNPOやボランティア団体の活動や報告・展示場所の提供、さらにはニコングループ社員による復興支援活動の拠点として積極的に活用するとともに、映像関連製品および双眼鏡の修理品受付など、製品に関するサポート業務なども行う拠点として運営しています。
また、インターネットを利用した修理申し込みでは、お客様の修理品の発送料、返送料を無料にするなど、アフターサービス向上に向けた取り組みも継続的に実施しています。

今回の評価は、ニコンのアフターサービスに対する取り組みが総合的に評価された結果と捉えています。今後もお客様の声に真摯に耳を傾け、お客様のニーズや期待にお応えできる製品の提供、サービスの向上に努めて参ります。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。