デジスコーピング(超望遠撮影)やミクロの世界の撮影を楽しむためのアクセサリー

「コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-UC」を発売

2012年3月29日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、フィールドスコープやネイチャースコープにコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズの多くの機種を装着できるアクセサリーとして「コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-UC」を発売します。

「コンパクトデジタルカメラブラケットFSB-UC」
「コンパクトデジタルカメラブラケットFSB-UC」
フィールドスコープEDIII、16Xワイド/24Xワイド/30XワイドDS、COOLPIX P310装着時

発売概要

商品名 「コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-UC」
(ケーブルレリーズ、シャッターボタン滑り止めパッド、遮光ゴムシート付)
希望小売価格 27,300円(税抜26,000円)
発売予定 2012年4月26日

発売のねらい

フィールドスコープとコンパクトデジタルカメラを組み合わせて行うデジスコーピング(超望遠撮影)は、バードウォッチャーを中心に人気があります。また、携帯型実体顕微鏡ネイチャースコープ「ファーブル フォト」シリーズにコンパクトデジタルカメラを接続してミクロの世界を撮影する方法は、その手軽さから近年人気が定着しています。
「コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-UC」は、2009年2月に発売した「コンパクトデジタルカメラブラケット FSB-U1」の操作性を大幅に改良し、装着および調整がしやすくなりました。

主な特長

1. フィールドスコープに接続可能

「FSB-UC」を使用することで、DS接眼レンズを付けたフィールドスコープと「COOLPIX」シリーズの多くの機種を接続することができ、デジスコーピングを楽しめます。

2. ネイチャースコープ「ファーブル フォト」シリーズに接続可能

「FSB-UC」を使用することで、ネイチャースコープ「ファーブル フォト」、「ファーブル フォトEX」に「COOLPIX」シリーズの多くの機種を接続することができ、観察と同時にデジタル撮影が可能です。

3. 撮影時のカメラブレ防止や外部光を軽減

付属の専用ケーブルレリーズ(約50cm)を使用することで、撮影時に発生しやすいカメラブレを防止します。また、遮光ゴムシートを使用することで、接眼レンズとデジタルカメラとの間から入る外部光を軽減することができます。

DS接眼レンズ、EDGフィールドスコープ専用接眼レンズ(「FEP-20-60」を除く)、「ファーブル フォト」シリーズへの接続に適合する「COOLPIX」(2008年10月以降、2012年3月までに発売の機種)

Pシリーズ P6000※1、P5100、P5000、P310、P300
Sシリーズ S5100※2、S4300、S4000、S3300、S3100、S3000、S710、S640※2※3、S620、S610、S570、S560※3、S230、S220、S30
Lシリーズ L26、L23、L22、L21、L20、L19

取り付ける「COOLPIX」シリーズの機種、ズーム位置(W、M、T)、取り付け位置などの条件により、ケラレや影が出ます。ケラレや影が少なくなるように位置出しを丁寧に行ってください。対応機種である「COOLPIX」シリーズのケラレ情報は、株式会社ニコンビジョンのホームページ(http://www.nikonvision.co.jp/)に掲載予定です。

主な仕様

サイズ (幅)133mm×(高さ)131mm×(奥行き)94mm
質量(重さ) 300g(付属品を含まない)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。