快適な操作性を実現するニコンスピードライトのハイエンドモデル

スピードライト「SB-910」を発売

2011年11月30日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンスピードライトシリーズのハイエンドモデル「SB-910」を発売します。

「SB-910」は、プロフェッショナルからハイアマチュアまで広く支持されているニコンスピードライト「SB-900」(2008年7月発売)の操作性をさらに向上させるとともに、配光精度の向上、ハードタイプのカラーフィルターの採用など、機能をブラッシュアップさせたハイエンドスピードライトです。
光を駆使して思い通りの写真表現を求めるプロフェッショナルやハイアマチュアのクリエイティブな撮影をサポートします。

発売概要

商品名 「SB-910」
希望小売価格 ¥68,250(税抜¥65,000)
発売予定 2011年12月15日

「SB-910」の主な特長

1. よりスムーズな操作性を追求したユーザーインターフェース

メニューボタンの新設によりカスタムメニュー画面にすばやくアクセスが可能です。また、表示パネルのGUIを改善するなど、各種操作や設定が簡単に行えるようにユーザーインターフェースを向上させています。

2. 撮影シーンに応じて選択可能な3つの配光タイプ

撮影シーンに応じて、3つの配光タイプ(スタンダード配光、中央部重点配光、均質配光)が選択可能です。また、配光精度もさらに向上させています。

3. 発光部前面に装着するハードタイプのカラーフィルター

カラーフィルターを従来のフィルムタイプからハードタイプに変更し、耐久性、耐熱性、使いやすさを向上させました。フィルターは電球用と蛍光灯用の2種類を同梱しています。

「SB-910」のその他の機能・特長

「SB-910」の主な仕様

ガイドナンバー(照射角35mm、FXフォーマット、スタンダード配光時、20℃) 34(ISO 100・m)/48(ISO 200・m)
調光範囲(i-TTL 調光モード/絞り連動外部自動調光モード/外部自動調光モード時) 0.6m~20m(フォーマット、配光タイプ、ISO感度、照射角、絞り値によって異なります)
配光画角 配光タイプ切り換え(スタンダード配光/中央部重点配光/均質配光) FX/DXフォーマット切り換え対応
発光モード
  • i-TTL 調光モード
  • 絞り連動外部自動調光モード
  • 外部自動調光モード
  • 距離優先マニュアル発光モード
  • マニュアル発光モード
  • リピーティングフラッシュモード
増灯撮影機能
  • アドバンストワイヤレスライティング撮影
  • SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
バウンス角度 垂直方向:上方向90°~正面~下方向7°
(クリック:下7°/ 正面/45°/60°/75°/90°)
水平方向:左方向180°~右方向180°
(クリック:正面/30°/60°/75°/90°/120°/150°/180°)
使用電池 次の単3形電池の同一種類を4本
  • 1.5V アルカリ単3形電池
  • 1.5V リチウム単3形電池
  • 1.2V ニッケル水素単3形充電池
寸法(幅×高さ×奥行き) 約78.5x145x113mm
質量 約420g(本体のみ)
約510g(1.5V アルカリ単3形電池x4本を含む)
付属品 スピードライトスタンド AS-21、バウンスアダプター SW-13H、カラーフィルター SZ-2FL、カラーフィルター SZ-2TN、ソフトケース SS-910

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。