東日本大震災により被災された地域への長期的な復興支援

「写真の力で復興支援」を本格展開

2011年11月16日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、東日本大震災により被災された地域の復興に寄与するべく「写真の力で復興支援」のスローガンを策定し、さまざまな活動を実施しています。その一つとして、被災した中学校の生徒たちが撮影した写真でフォトブックを制作するプロジェクトを開始します。また、復興支援の活動拠点としてニコンプラザ仙台の開設を決定しました。

支援内容

1. 中学生の撮影した写真によるフォトブック制作プロジェクト

被災地域の中学校を対象に毎年、それぞれの学校と協力して写真教室や作品選びを行い、中学生たちの撮影した作品で構成するフォトブックを制作し、生徒に寄贈します。今年度は、これまでに寄贈したデジタルカメラを活用中の中学校3校でフォトブックを制作します。来年度以降、対象中学校を拡大していきます。
この活動は、特定非営利活動法人 映像情報士協会の組織する復興支援メディア隊と連携して、長期にわたり実施する予定です。

フォトブック制作の作品例
作成 岩手県釜石市立唐丹中学校 大瀧美輝さん「何もない道は 復興への道」

2. ニコンプラザ仙台の開設

写真展示、カメラの修理受付業務のほか、被災地域で活動するNPOやボランティア団体と協力して行うプロジェクト遂行や活動の報告・展示、さらにはニコン社員によるボランティア活動などの拠点として積極的に活用していきます。

概要
住所(所在地) 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル)ビル29F
開所予定日 2012年3月上旬
開所時間 9:30~18:00
(休日: 日曜日、祝日、年末年始)
電話番号 未定
業務内容 フォトギャラリー(写真展の開催)
コミュニティースペース(セミナー会場、復興支援活動および地元の文化活動などのための多目的スペース)
サービスセンター(修理の受付やメンテナンスに関するサポート窓口など)

このほか、復興を継続的に記録した作品によるニコンサロンでの写真展開催、被災地の高校写真部応援キャラバン、CIPAフォトエイド基金への資金拠出など、写真の力が復興の一つの原動力となり、被災された方々を勇気付けることができるよう取り組んでいきます。

  • CIPAフォトエイド基金:一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)と公益財団法人日本財団(日本財団)により設立され、「写真と映像の力で過去と未来をつなぐ」を目的とした基金。被災地で復興支援に取り組む各種非営利団体(NPO/NGO)、ボランティア団体、学校、及び地方公共団体等を助成の対象としています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。