ニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズ、累計生産本数6,500万本を達成

2011年10月17日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の一眼レフカメラ用交換レンズである「NIKKOR(ニッコール)」レンズの累計生産本数が、2011年10月初旬に6,500万本を達成しました。

1959(昭和34)年、ニコン(当時:日本光学工業)は、初の一眼レフカメラ「ニコンF」を発売し、この「ニコンF」と同時に、「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」などが最初のニコン一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」ブランドとして誕生しました。その後、現在まで半世紀に渡り幅広いお客様にご愛用いただき、「NIKKOR」は多くの写真愛好家やプロフォトグラファーから、高い評価を得ています。

なお、ニコンは2011年3月に「NIKKOR」累計生産本数6,000万本を達成しています。その後も、好調な販売が続いており、わずか半年あまりで6,500万本を達成し、着実に実績を積み重ねています。

2011年3月以降に発売したNIKKORレンズ

半世紀以上の歴史を持つ「Fマウント」のNIKKORレンズは、2011年9月21日にニコンが世界同時発表した、新レンズシステム「Nikon 1(ワン)マウント」を搭載した、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1(ワン)」シリーズ第1弾の2機種「Nikon 1 J1」と「Nikon 1 V1」でも、専用のマウントアダプター「FT1」を装着することでご使用いただけます。これにより、個性豊かで多彩な「NIKKOR」レンズのラインナップから、撮りたいものにあわせて幅広い映像写真表現を楽しむことができます。ニコンでは、長年にわたり培ってきた光学技術をベースに、今後もNIKKORレンズのラインナップ拡充とお客様の利便性向上を図っていきます。

「NIKKOR」ブランドについて

「NIKKOR」は、ニコン製レンズのブランドであり、高性能高品質なレンズとして好評を博しています。「NIKKOR」という名称は、ニコン創業時の社名「日本光学工業株式会社」の略称だった「日光」の英文表記「NIKKO」に、当時、写真レンズの名称の末尾によく使われていた「R」をつけて決定されました。1933(昭和 8)年に航空写真用の大判レンズを「Aero-Nikkor(エアロニッコール)」と名づけて初めて発売しました。

「NIKKOR」は常に時代をリードし、1968(昭和43)年には世界で初めて非球面レンズを採用した一眼レフカメラ用魚眼レンズ「OP Fisheye-Nikkor 10mmf/5.6」を発売しています。また、最新の一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズには、極めて高い反射防止効果を発揮する「ナノクリスタルコート」など、数々のニコン独自の先端テクノロジーが生かされています。 現在、ニコン一眼レフカメラ用の「NIKKOR」レンズは、フィッシュアイ、超広角から超望遠、ズームレンズ、マイクロレンズ、PC-Eレンズまで、バリエーション豊富なレンズを60種類以上ラインアップしています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。