正立顕微鏡の進化形

研究用顕微鏡「ECLIPSE Niシリーズ」
検査用顕微鏡「ECLIPSE Ciシリーズ」を発売

2011年8月23日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、生物顕微鏡市場へ向けて「システム拡張性」、「光学性能」、「操作性」に優れた研究用顕微鏡「ECLIPSE Niシリーズ」と、「快適性」、「耐久性」を追求した検査用顕微鏡「ECLIPSE Ciシリーズ」を開発、2011年9月1日より発売します。

研究用電動顕微鏡 ECLIPSE Ni-E
検査用顕微鏡 ECLIPSE Ci-L

発売概要

商品名 研究用電動顕微鏡 ECLIPSE Ni-E(電動タイプ)
研究用顕微鏡 ECLIPSE Ni-U(手動タイプ)
検査用電動顕微鏡 ECLIPSE Ci-E(電動タイプ・LED光源)
検査用顕微鏡 ECLIPSE Ci-L(手動タイプ・LED光源)
検査用顕微鏡 ECLIPSE Ci-S(手動タイプ・ハロゲン光源)
価格 ECLIPSE Ni-E 蛍光セット 3,970,000円~(税込4,168,500円~)
ECLIPSE Ni-U 明視野セット 810,000円~(税込850,500円~)
ECLIPSE Ci-E 明視野セット 990,000円~(税込1,039,500円~)
ECLIPSE Ci-L 明視野セット 550,000円~(税込577,500円~)
ECLIPSE Ci-S 明視野セット 490,000円~(税込514,500円~)
発売予定日 2011年9月1日

開発の背景

生物顕微鏡は、生物・医学における最先端の研究機関や大学、または病院や検査センターなど、さまざまな分野で活用されています。
生物・医学分野における最先端の研究では、多様な実験手法が用いられており研究用顕微鏡には、それらに対応できる高いシステム拡張性と光学性能、使いやすさが求められています。
また、検査用顕微鏡には長時間の顕微鏡観察による疲労を軽減する快適性や耐久性が求められています。
ニコンは、これらの要求に応え、これまで高い評価をいただいている光学性能に加えシステム拡張性と操作性をさらに向上した「ECLIPSE Niシリーズ」と、快適性・耐久性を追求した「ECLIPSE Ciシリーズ」を開発しました。

主な特長

ECLIPSE Niシリーズ

1. システム拡張性の向上

2. 世界最高クラスの光学性能

明るく均一性が高い照明で評価いただいているフライアイレンズ照明光学系と、高コントラスト画像の取得を可能としたニコン独自の蛍光ノイズターミネーターに加え、対物レンズ「CFIプランアポクロマートλシリーズ」を新たに開発。ニコン独自の「ナノクリスタルコート」を始めとした最新の技術により高透過率、世界最高クラスのNA、広帯域での色収差補正を実現。これまで以上に鮮明でコントラストの高い、クリアな色あいの画像を観察することが可能になりました。

3. 操作性の向上

顕微鏡を覗いたままでの操作や、暗室での操作が多いことを考慮、使いやすさにもこだわりました。

4. 3Dエルゴデザイン

筐体のデザインに新しく三次元曲面を採用。顕微鏡にしなやかな美しさを与えました。

ECLIPSE Ciシリーズ

1. Eco Illumination

省電力、長寿命の高輝度LED照明にフライアイレンズ光学系を初めて採用しました。均一で明るく、環境にもやさしい照明を実現しました。(当社従来比 明るさ3倍)(Ci-E/Lのみ)

2. 快適性の向上

3. 耐久性の向上

主な仕様

ECLIPSE Ni-E/U
  Ni-E Ni-U
本体 光学系 CFI60システム(無限遠補正CF光学系)
照明 12V100W ハロゲンランプ(フライアイレンズ採用)
コントローラー タッチパネルコントローラー 簡易コントローラー
鏡筒 電動/手動四眼鏡筒、エルゴ鏡筒、三眼鏡筒、双眼鏡筒 手動四眼鏡筒、エルゴ鏡筒、三眼鏡筒、双眼鏡筒
レボルバー 電動/手動レボルバー
焦準方式 ステージ上下動方式
対物レンズ上下動方式
ステージ上下動方式
ステージ 電動/手動ステージ 手動ステージ
コンデンサー 電動/手動コンデンサー 手動コンデンサー
蛍光装置 電動/手動キューブターレット
ECLIPSE Ci-E/L/S
  Ci-E Ci-L Ci-S
本体 光学系 CFI60システム(無限遠補正CF光学系)
照明 高輝度LED(フライアイレンズ採用) 6v30wハロゲン
鏡筒 エルゴ鏡筒、三眼鏡筒、双眼鏡筒
レボルバー 電動レボルバー 手動レボルバー
ステージ 手動ステージ
コンデンサー 電動/手動コンデンサー 手動コンデンサー