動画性能と色再現性、操作性を大幅にグレードアップ

「高精細カラーカメラヘッド DS-Fi2」
「カメラコントロールユニット DS-L3」を発売

2011年8月23日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、顕微鏡用デジタルカメラDigital Sightシリーズ、「高精細カラーカメラヘッドDS-Fi1」および「カメラコントロールユニットDS-L2」の両製品の機能を大幅に向上し、新たに「高精細カラーカメラヘッドDS-Fi2」、および「カメラコントロールユニットDS-L3」として2011年11月1日より発売します。

高精細カラーカメラヘッド DS-Fi2
カメラコントロールユニット DS-L3(右)
( & 生物顕微鏡 ECLIPSE Ci-L(左))

発売概要

商品名 顕微鏡用デジタルカメラ Digital Sightシリーズ
  • 高精細カラーカメラヘッド DS-Fi2
  • カメラコントロールユニット DS-L3
価格 DS-Fi2/L3 標準セット 528,900円(税込 555,345円)
発売予定日 2011年11月1日

開発の背景

ニコンは2003年4月、顕微鏡専用デジタルカメラとして、「Digital Sightシリーズ」を発売しました。「Digital Sightシリーズ」は、カメラヘッドとコントロールユニットを分離し、それぞれのラインナップからお客様の目的に応じて自由に組み合わせることができるニコン独自の特徴を持つデジタルカメラです。発売以来、生物・医学分野における大学・研究機関、産業分野における、研究開発・品質保証・検査部門など、幅広い分野でご利用いただいています。
顕微鏡用デジタルカメラには、肉眼で見える色あいで画像を表示できる色再現性と使いやすさが求められており、近年、より一層高品位な画像を、シンプルな操作で確実に取得できることが重要となっています。
ニコンはこれらのご要望に応え、今回の開発を行いました。

主な特長

高精細カラーカメラヘッド DS-Fi2

500万画素の高精細画像をそのままに、動画性能を大幅に向上
新開発のCCD制御回路によりフレームレートを12fpsから21fps(表示モード1280x960pixel)に大幅に向上。ピント合わせや観察部位の選択がストレスなく、快適に行えます。

カメラコントロールユニットDS-L3

簡単操作&省スペースで発売以来、ご好評をいただいている「パソコン不要、スタンドアロンタイプ」のコントロールユニットです。内蔵モニターのアイコンに従って操作すれば、誰でも簡単に顕微鏡画像が取得できます。

1. タッチパネルによる直感的な操作

顕微鏡用デジタルカメラとしては初めて、液晶タッチパネルモニタを採用。タッチパネルの操作アイコンは判りやすく、説明書なしでもすぐにお使いいただけます。

2. 高品位画質

画像処理機能を改良し、豊かな色再現性と、より高精細な画像を実現しました。

3. 多機能コントローラー

DS-L3は9月発売予定の研究用生物顕微鏡「ECLIPSE Ni-E」のコントローラーとしても使用可能。カメラコントローラー、モニター、顕微鏡コントローラーと1台で3役をこなし場所をとりません。

主な仕様

高精細カラーカメラヘッド DS-Fi2
撮像素子 2/3型カラーCCD
総画素数5.24メガピクセル、有効画素数5.07メガピクセル
ライブ表示モード 21fps(1280×960ピクセル)、37fps(1280×480ピクセル)
記録画素数 2560×1920ピクセル、1280×960ピクセル、640×480ピクセル
レンズマウント Cマウント
カメラコントロールユニット DS-L3
内蔵モニター・外部画像出力 タッチパネル機能付き8.4インチTFT液晶ディスプレイ
デジタル(DVI規格1.0準拠)/アナログRGB(0.7Vp-p[75Ω])
画像ファイル形式 BMP/JPEG/TIFF/ほか
ツール機能 測定(2点間距離、垂線、2円中心間距離、角度、円周、直径、面積、ピッチ間)、カウントマーク、テキスト入力、ペン描画(直線、曲線)、スケール、十字線、グリッド、XYスケール、XY 計測