「第8回フォトマスター検定」にて「最優秀団体賞」と「文部科学大臣賞団体賞」を受賞

2011年2月16日

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、写真とカメラの実用知識検定「第8回フォトマスター検定」を団体受験し、「最優秀団体賞」と「文部科学大臣賞団体賞」を受賞しました。

財団法人国際文化カレッジのフォトマスター検定事務局が運営する「フォトマスター検定」は、写真とカメラの実用的な知識を身につけるための検定で、第8回目となる今回の検定試験には、受験者5,950名、58団体が参加しました。その結果、17の優秀団体が選出され、その中でもっとも良い成績を残した当社が「最優秀団体賞」を受賞しました。また、その好成績が認められ、「文部科学大臣賞団体賞」の表彰も受けました。同賞は、文部科学省後援の「フォトマスター検定」において、卓越して優秀な成績を収めた団体に対して授与されるもので、その優れた技能を讃えるとともに、写真とカメラに取り組む人々の励みとすることを目的にしています。

ニコンでは、写真とカメラに関する社員の知識レベルを向上し、お客様に提供する価値を高めるために本検定の受験を奨励し、2010年から団体受験を始めました。今後も引き続き、お客様に満足いただける製品の開発・品質の向上に努めて参ります。

文部科学大臣賞団体賞の賞状

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。