PRESS RELEASE/報道資料

裸眼で高画質3D画像が楽しめる「my Picturetown 3D」を開始

2010年10月26日

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)および株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡 隆男、東京都港区)は、インターネットを通じて通常のデジタル画像を3D画像に変換し、専用のデジタルフォトフレームで再生、鑑賞できる新しいサービス「my Picturetown 3D」を開始します。

「my Picturetown 3D」は、ニコンの画像共有・保存サービス「my Picturetown」上で提供する会員向けのサービスです。主なサービス内容は以下の通りです。

  • 3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」の貸出し
  • 「my Picturetown」上での静止画の3D画像変換サービス
  • 「my Picturetown」の機能を利用した3D画像の表示・共有サービス
  • 「my Picturetown」の機能を利用した3Dコンテンツ(静止画、動画)の配信サービス

上記サービスにより、自分で撮影した写真を迫力ある3D画像で楽しめるのはもちろん、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」間での3D画像の共有も可能になります。
また、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」には、米グーグル社が提供する「Android OS」が採用されており、画像閲覧だけでなくカレンダー、時計、天気予報などの機能も搭載されています。


3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」(モニターの画像は、はめ込み合成です)

サービス概要

名称 「my Picturetown 3D」
URL http://3d.mypicturetown.com/
サービス申込受付開始 2010年10月26日
サービス開始 2010年12月上旬
会員費(税込) 月額会員費1,995円もしくは年額会員費19,950円
  • 「my Picturetown」 フリーアカウント会員がお申し込みの場合の金額です。
    2GB以上のストレージが利用できるゴールドアカウント会員の場合、別途、ゴールドアカウント会員費(税込350円/月~)がかかります。
  • 月間3枚までの3D画像変換は上記会員費に含まれます。4枚目以降の追加3D変換は、税込300円/枚となります。

開発の背景

昨今、大ヒットを記録した様々な3D映画をきっかけに、3Dテレビをはじめとした立体視可能な製品が大きな注目を集めています。また、デジタルフォトフレーム市場も拡大しています。これまでインターネットサービス「my Picturetown」でデジタル写真(画像)の楽しみ方を追求してきたニコンは、こうしたマーケットの変化を受けて、さらに新しい楽しみ方を提案します。
現在、3D画像の鑑賞は専用のメガネを使用して左目、右目に入る画像を分離する方式が一般的です。このたびニコンでは、3D画像でも2D画像と同じ解像度を実現し、裸眼での3D画像鑑賞が可能な高画質の3Dデジタルフォトフレームを製品化しました。また、専用機材で撮影しなくても、通常のデジタルカメラで撮影した写真を気軽に3D化して楽しめるインターネット経由での3D画像変換サービスも提供します。

「my Picturetown 3D」の主な特長

  1. 裸眼で高品質の3D画像が楽しめる、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」

    専用メガネがなくても立体視が可能なレンチキュラー方式と水平方向倍密度ピクセル方式の液晶パネルを採用しました。これにより、2Dの画像と同じ解像度による高輝度・高画質再生を可能にし、裸眼で3D画像を楽しむことができます。もちろん、通常の2D画像や動画も再生可能です。これらの画像は、無線LANまたは有線LAN経由で、ニコンの画像共有・保存サービス「my Picturetown」からダウンロードして楽しんでいただけます。
    なお、3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」は貸出しのみの提供となります。

    • 画像表示用LCDに、細長いかまぼこ形の凸レンズが無数に並んだ、レンチキュラーレンズを貼り合わせた方式。このレンズの作用によって、左目、右目用の画像が振り分けられ、立体画像として見えます。
  2. 「my Picturetown」での画像の3D変換サービスと3Dコンテンツ配信

    3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」で3D画像を楽しむには、「my Picturetown」 に保存した静止画像の3D変換の申し込みが必要です。「my Picturetown 3D」サービスに申し込むと、月3枚まで、お好きな写真を3D変換することが可能です(4枚目以降は、税込300円/1画像で変換可能)。これまでに撮りためてきた写真も「my Picturetown」に保存すれば、3D画像に変換することができます。また、気軽に3D映像を楽しんでいただけるように3D画像のギャラリーやショートクリップの3D動画コンテンツも配信する予定です。

  3. 「マグナム・フォト」のスペシャルコンテンツ「TOKYO」が期間限定で閲覧可能

    2011年2月末までの期間限定で、“写真家がファインダー越しに見ていた光景の再現”をコンセプトにしたスペシャルコンテンツ「TOKYO」を用意しました。「TOKYO」は、世界的写真家集団「マグナム・フォト」の写真家が撮影した画像コンテンツで、「my Picturetown 3D」サービスにより、撮り直しのきかない特別な瞬間の感動を3Dで味わうことができます。

  4. 進化する3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」のアプリケーション


    3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」ホームのイメージ(モニターの画像は、はめ込み合成です)

    3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」には「Android OS」を搭載し、「my Picturetown 3D」専用アプリケーションで「my Picturetown」と連携して、3D画像や通常の2D画像、動画を再生します。
    この「my Picturetown 3D」専用アプリケーションでは、「my Picturetown」の保存画像(3D画像含む)の閲覧やスライドショー再生、「Nikon 3D Gallery」配信コンテンツの閲覧、といった基本となる画像閲覧機能のほかに、カレンダー、時計、天気予報、RSSリーダーが利用可能。また、Androidホームからの簡易的なWebブラウジングも可能です。

3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」の主な仕様

有効表示画面サイズ 7.2型 約146.4(W)×109.8(H)mm
解像度 SVGA (800×600) ※2D画像、3D画像ともに
アスペクト比 4:3
輝度 約400cd/m2
3D視認距離 約1m
内蔵メモリー容量 4GB(アプリケーション利用分含む)
デジタル端子 LAN端子(100BASE-TX)、USB端子
無線LAN IEEE802.11b/g
OS Android 2.1
対応ファイル 静止画 : JPEG、MPO
動画 : MPEG4 (H.264)
音声 : AAC、MP3 (MPEG Audio Layer-3)
寸法 約176(W)×156(H)×50(D)mm(スタンド部を除く)
質量 約600g ※ACアダプター除く
付属品 リモコン、ACアダプター

「my Picturetown」とは

100万人を超える会員数を誇る「my Picturetown」は、ニコンが新しい画像の楽しみ方を提案するインターネットによる画像共有・保存サービスです。2007年8月にサービスを開始、ニコンのカメラユーザーに限らず、誰でも無料で2GBのストレージを利用できます(このストレージは有料で最大200GBまで拡張可能)。今年9月には、サービスを大幅リニューアルし、フォトムービー機能など魅力ある画像共有サービスを追加、さらにWebでのスマートな画像管理を実現しています。また、モバイル版による画像閲覧やiPhoneアプリも提供しています。

  • Androidは、Google Inc.の登録商標です。
  • iPhoneは、Apple Inc.の登録商標です。

  • こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。