「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」の構成銘柄に選定

2010年10月14日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村眞琴 東京都千代田区)は、「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」の構成銘柄に2010年9月に選定されました。
「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」は、モーニングスター株式会社が国内上場企業の中から社会的に優れた企業と評価される150社を選定し、その株価を数値化した国内初の社会的責任投資株価指数です。

ニコングループは、企業理念の「信頼と創造」、経営ビジョンの「期待を超えて、期待に応える。」をもとにCSRを重視した事業活動を通じて、今後も社会の持続的な発展に貢献していきます。

ニコンが選定されている上記以外の主な社会的責任投資指数

FTSE4Good

株式会社ニコンは、「FTSE4Good Index Series」に2004年より継続して選定されています。

FTSE社は英国の金融新聞「フィナンシャル・タイムズ」とロンドン証券取引所の共同出資会社として設立され、社会的責任投資指数である「FTSE4Good Index Series」を作成しています。

SRI(Socially Responsible Investment:社会的責任投資)は、企業の財務状況や成長性のみならず、その企業が果たしている社会的責任も考慮して行われるものであり、世界中で様々なSRIファンドが運用されています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。