「COP10」(生物多様性条約第10回締約国会議)の関連会議

「国際子ども環境会議」への特別協賛および独自プログラムの提供

2010年10月7日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村眞琴、東京都千代田区)は、「COP10」の関連会議として、10月21日(木)から25日(月)まで愛知県名古屋市で“生物多様性の保全”をテーマに開催される「国際子ども環境会議(子どもCOP10あいち・なごや)」に、社会貢献活動の一環として特別協賛し、独自のプログラムを提供いたします。これは、ニコンが社会貢献活動の主要なテーマとしてきた“生物多様性の保全”“子どもたちの環境教育”と、この会議の目的が一致することから支援を決定したものです。

この会議は、毎年、国連環境計画(UNEP)が各国の子どもたちを一堂に集め、環境に関するテーマでディスカッションやワークショップといった環境教育と交流を行うことで、地球の将来を担う次世代のリーダーを育てることを主要な目的としています。本年の会議は、国連環境計画(UNEP)および開催地の愛知県や名古屋市などが構成する「子どもCOP10あいち・なごや実行委員会」により主催されます。

ニコン独自のプログラム提供

海外から会議に参加する子どもたち向けに、2つのプログラムを提供します。

また、期間中には、ニコンが国連環境計画(UNEP)などと共催している、「第19回国連子ども環境ポスター原画コンテスト」の表彰式も行われます。会議に家族とともに招待される上位入賞者8名に、国連環境計画(UNEP)のアッヘム・シュタイナー事務局長と来賓から賞状盾や賞金が贈られます。

ニコンは、国連環境計画(UNEP)の子どもの環境教育の公式パートナーとして、今後も活動に協力していきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。