「NIKKOR」レンズの好調な生産が継続

ニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズ、累計生産本数5,500万本を達成

2010年9月15日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の一眼レフカメラ用交換レンズである「NIKKOR(ニッコール)」レンズの累計生産本数が、2010年8月に5,500万本を達成しました。
また、ニコンが独自開発したAF駆動用の超音波モーターであるSWM(Silent Wave Motor)を搭載した「NIKKOR」レンズの累計生産本数は、2,000万本を達成しました。

「NIKKOR」レンズの累計生産5,500万本達成について

ニコン(当時:日本光学工業)は、1959(昭和34)年に初の一眼レフカメラ「ニコンF」を発売し、この「ニコンF」と同時に発売した「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」などが最初のニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズです。その後、2010年まで半世紀に渡り幅広いお客様にご愛用いただき、「NIKKOR」は多くの写真愛好家やプロフォトグラファーから、高い評価を得てきました。なお、「NIKKOR」は2009年8月に累計生産本数5,000万本を達成しており、この1年間も着実に実績を積み重ねたことになります。

SWM搭載「NIKKOR」レンズの累計生産2,000万本達成について

SWM(Silent Wave Motor)はニコンが独自開発したAF駆動用の超音波モーターです。SWMは進行波を回転エネルギーに変換し、フォーカス光学系を駆動させます。このSWMを搭載したAF-Sレンズは、静粛性に優れたAF撮影を可能にします。ニコンは、1996(平成8)年に発売した「AI AF-S Nikkor 300mm f/2.8D IF-ED」などに初めてSWMを搭載し、発売開始から14年間で、累計生産本数2,000万本を達成したことになります。
発売以降、SWMはFX/DXフォーマットの超広角から超望遠、ズームレンズ、マイクロレンズまで、バリエーション豊富なレンズ計54機種に搭載されており、2007年以降に発売された「NIKKOR」レンズの90%以上に搭載されています。

「NIKKOR」ブランドについて

「NIKKOR」は、ニコン製レンズのブランドであり、高性能高品質なレンズとして好評を博しています。「NIKKOR」という名称は、ニコン創業時の社名「日本光学工業株式会社」の略称だった「日光」の英文表記「NIKKO」に、当時、写真レンズの名称の末尾によく使われていた「R」をつけて決定されました。1933(昭和8)年に航空写真用の大判レンズを「Aero-Nikkor(エアロニッコール)」と名づけて初めて発売しました。
「NIKKOR」は常に時代をリードし、1968(昭和43)年には世界で初めて非球面レンズを採用した一眼レフカメラ用魚眼レンズ「OP Fisheye-Nikkor 10mm f/5.6」を発売しています。また、最新の一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズには、極めて高い反射防止効果を発揮する「ナノクリスタルコート」など、数々のニコン独自の先端テクノロジーが生かされています。
現在、ニコン一眼レフカメラ用の「NIKKOR」レンズは、フィッシュアイ、超広角から超望遠、ズームレンズ、マイクロレンズ、PC-Eレンズまで、バリエーション豊富なレンズを60種類以上ラインアップしています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。