ニコンデジタルマイクロスコープ「ShuttlePix(シャトルピクス) P-400R」を発売

2010年9月13日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:木村眞琴、東京都千代田区)は新しいコンセプトのデジタルマイクロスコープ「ShuttlePix P-400R」を発売します。 「ShuttlePix P-400R」はシャトル・スタイル※1というコンセプトで、従来観察が難しいとされた被検物でも簡単に検査できるため、工業分野だけでなくさまざまな分野で使用が可能です。
なお本製品は、「IMTS 2010」(9月13日~18日、於:シカゴMcCormick Place)及び、「第25回日本国際工作機械見本市」(10月28日~11月2日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

P-400R使用イメージ
P-400Rと電動スタンドP-MFSC、タッチパネルモニターP-TPMの組合わせ

発売概要

商品名 デジタルマイクロスコープ「ShuttlePix P-400R」
価格 セット価格 2,700,000円(税込2,835,000円)~
(電動スタンドP-MFSCの組合わせ)
  • 電動スタンドP-MFSCは2011年1月5日発売予定
発売予定日 2010年11月10日

開発の背景

これまで工業用顕微鏡は、電子部品、加工部品、工業材料などの検査に幅広く活用されてきました。近年では自動車、船舶、航空機の部品や機体、プラントの配管や構造物、美術品・文化保護財等、被検物を動かさずにそのままの状態で検査したいといったニーズが多くあります。
「ShuttlePix P-400R」は従来の顕微鏡スタイル(据置型)の検査に加え、このような顕微鏡検査が難しい対象物に対しても、傷つけることなく検査を可能にすることで、さまざまなニーズにお応えします。

主な特長

1. シャトル・スタイル

電動スタンドからワンタッチで取り外し、コードレスで撮影可能なためさまざまな状態での検査に使用できます。
また、電動スタンドに装着し、専用の17型タッチパネルモニターにて、直感的な操作で被検物を簡単に撮影することができます。

2. 簡単操作

コンパクトデジタルカメラのような操作感覚を採用しており、顕微鏡の知識や複雑な設定を必要とせずに被検物をボタンひとつで撮影可能です。

3. 低倍から高倍までカバーする20倍光学ズーム

コンパクトなボディに、20倍光学ズームレンズとLED照明を内蔵しました。レンズを交換することなく20倍~400倍※2という幅広い倍率を観察できます。

4. 全焦点画像、3D画像の観察

電動スタンドに装着して、簡単なボタン操作で全焦点画像を取得することができます。また、専用アプリケーションソフトを用いればレポート作成、3D画像観察・計測などを行うことができます。

デジタルマイクロスコープ「ShuttlePix P-400R」の主な仕様

倍率 20倍~400倍(専用17型タッチパネルモニター上)
光学ズーム比20倍
撮像素子 1/1.8型CCD
総画素数 約2.11メガピクセル
有効画素数 約1.98メガピクセル
記録画像ファイル形式 TIFF、JPEG(圧縮率3段階)
記録媒体 SD/SDHCメモリーカード※3
液晶モニター 2.7型 TFT液晶
光源 白色LED 偏射照明4方向選択可
実視野 最大 対角20mm
作動距離 29mm
ツール機能 スケール表示

電動スタンド(P-MFSC)/タッチパネル(P-TPM)の主な仕様

上下動ストローク 150mm(電動制御)
最大被検物サイズ 75mm(W)x50mm(D)x148mm(H)
(ステージとの組み合わせによる)
ツール機能 フォーカス合成、簡易計測、グリッド表示、スケール表示など
記録媒体 USBメモリー
表示サイズ 解像度 17型 SXGA(1280x1024)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。