「Wiiの間」や「YouTube」でニコンの技術や科学の楽しさを紹介するコンテンツを展開

2010年3月15日

株式会社ニコン(社長:苅谷道郎、東京都千代田区)は、3月13日から順次、任天堂「Wii」による動画配信サービス「Wiiの間」および世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」を使って、ニコンの技術や科学の楽しさを紹介する動画コンテンツの配信を開始しました。

今回の取り組みは、話題性、エンターテイメント性の高い「Wiiの間」「YouTube」を通じ、未来を担う若年層に向け科学の楽しさを体験する場を提供するとともに、カメラだけではなく宇宙、半導体、バイオサイエンス関連などさまざまな分野でニコンの技術が活躍していることをアピールするものです。

ニコンではこれらのコンテンツ展開を通じ、特に若年層におけるブランド認知を高めるとともに、ブランド価値の向上を図ることを狙いとしています。

動画コンテンツ内容

1. Wiiの間

3月13日から、任天堂「Wiiの間」の中の「ニコンの間」にてニコンの技術を紹介する動画コンテンツを随時配信しています。

<配信コンテンツ一例>

2. YouTube 「ニコン ライブラリー」(http://www.youtube.com/Nikon

3月15日に、世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」の公式チャンネルとして「ニコン ライブラリー(日本語のみ)」をオープンしました。
「ニコン ライブラリー」では、「Wiiの間」で公開するコンテンツを中心に、カメラから半導体にまつわる話まで、ニコンの幅広い技術を身近に感じられる映像、ニコンの事業や製品をさまざまな観点から紹介するコンテンツを随時公開していきます。

<配信コンテンツ一例>

「イン・ザ・パーツ #002」
YouTube「ニコン ライブラリー」トップページ
  • 記載されている会社名および製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。