インテル コーポレーションから「プリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞」を受賞

2010年3月11日

株式会社ニコン(社長:苅谷道郎、東京都千代田区)は、2010年3月4日に、インテルコーポレーションからプリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞を受賞しました。2009年度は16社がPQS賞を受賞しています。ニコンはインテルの成功に欠かせないリソグラフィー用スキャナーを供給し、多大な貢献をしたことで今回の受賞となりました。

牛田一雄(ニコン精機カンパニープレジデント)は、「インテルから栄誉あるPQS賞を受賞いたしましたことを大変光栄に思います。この受賞は、インテルの最先端リソグラフィー技術ニーズに対して、弊社が協力し、装置の立上げ、精度、稼働率向上に向けて努力した事への評価として、拝受致しました。この受賞に貢献した、全世界のニコンサポートチームを誇りに思います。」と述べています。

インテルコーポレーションリソグラフィー装置開発部長のジャニス・ゴルダ氏は「ニコンのPQS賞受賞をたいへん嬉しく思います。リソグラフィー新技術の適用、先端の32nm工場の円滑な立上げの支援、ならびに、我々のサプライチェインに関するスピード、安全管理、持続可能性の品質の継続的な改善に対して、ニコンは卓越した支援をインテルに提供しています。」と述べています。

PQS賞はインテルのサプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント・プログラムの一環として、供給企業に継続的かつ卓越した改善を奨励するために設けられた賞です。PQS賞の受賞には、コスト、品質、供給体制、納期、技術力、および顧客満足度において80%以上のスコアを獲得することが条件とされています。また、供給企業は厳しい改善計画に対して80%以上のスコアを獲得し、安定した品質およびビジネスシステムを実践することが求められます。
2009年度の受賞企業は、行動規範(Electronic Industry Citizenship Coalition Code of Conduct)ならびにインテルの環境・社会・ガバナンスプログラムに対する適合を実践されました。SCQIプログラムの詳細についてはhttp://supplier.intel.com/quality をご覧ください。


PQS受賞企業への授賞式は本年3月、東京ならびに米国カリフォルニア州アナハイムにて開催されます。また、3月31日付け「The Wall Street Journal」紙Global editionへの広告掲載、インテルのウェブサイトhttp://www.intel.com/ での授賞記念広告の掲載を予定しています。


こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。