English[別窓で遷移します]

固定資産の譲渡に関するお知らせ

2010年3月5日PRESS RELEASE/報道資料

当社は、平成22年3月5日開催の取締役会において、下記の通り固定資産の譲渡を決議いたしましたので、お知らせいたします。

1. 譲渡の理由

国土交通省による横浜468号道路新設工事及び横浜市による都市計画道路横浜藤沢線建設工事に伴う収用要請により、当社横浜製作所の土地の一部を国土交通省へ譲渡し、建物の一部を移転するものです。

2. 譲渡資産の内容

所在地神奈川県横浜市栄区長尾台町字雲雀子下531-1他
土地12,452.80m2(登記上の面積)
帳簿価額30百万円
譲渡価額1,715百万円
移転補償金13,241百万円
移転対象建物の現用途液晶露光装置の開発製造及び当社精密機器専用の高精度部品の加工等

3. 譲渡先

国土交通省関東地方整備局

4. 譲渡日程

取締役会決議平成22年3月5日
契約締結平成22年3月5日
物件引渡し平成25年3月末(予定)

5. 損益に与える影響

上記資産の譲渡に伴う収益は、引渡しが予定されている平成25年3月期に、今回の譲渡価額(移転補償金を含む)から、土地の帳簿価額、建物取壊費用、移転費用等の経費を控除した金額を計上する予定であり、当期の損益に与える影響はありません。

以上

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。