ISO 12800 までを常用感度域とし、さらにHi3(ISO 102400 相当)までの増感も可能
ニコンFXフォーマットの新フラッグシップ、プロ仕様のオールラウンドモデル

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3S」を発売

2009年10月14日PRESS RELEASE/報道資料

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3S」
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 装着時

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:西岡 隆男、東京都港区)は、ニコン FXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデルとなる「ニコン D3S」を発売します。

「D3S」は、「D3」(2007年11月発売)が誇る高感度をはじめとする基本性能や操作性をより進化させ、新機能を搭載することで完成度を高めたニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデルです。「D3S」は、新開発のニコン FXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ 36.0×23.9mm)を搭載し、有効画素数は12.1メガピクセル。また、ISO感度は 200~12800 まで常用感度域を拡大し、「D3」の常用感度の上限ISO 6400 からさらに進化。低光量下でもノイズの影響を最低限に抑えた、高感度低ノイズ撮影を可能にしました。

また、動画機能「Dムービー」を搭載。Hi3(ISO 102400 相当)まで対応する高感度動画撮影モード、静止画切り出し機能を含む動画編集機能も備えています。さらに、ライブビューボタンや撮影情報を素早く確認できるインフォボタンを追加するなど操作性を向上しています。
「D3S」はさまざまな被写体、撮影環境にも対応できる高速性、高感度、高画質を兼ね備えており、報道写真、スポーツ写真、ネイチャーフォトなどを扱うプロユーザーやハイアマチュアユーザーの高度な要求に対して、ニコンの最新技術と信頼性で応えたプロ仕様モデルです。

発売概要

商品名 デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3S」
希望小売価格 オープンプライス
発売予定日 2009年11月27日

開発の背景

ニコンが2007年11月に発売したデジタル一眼レフカメラ「D3」は、高画質・高感度・高速性能で、多くのプロユーザーから絶大な評価を得てきました。その優れた性能は、日本の「カメラグランプリ2008大賞」、欧州の「TIPA (Technical Image Press Association) ベストプロフェッショナルデジタル一眼レフカメラ2008」、「EISA (European Imaging and Sound Association) プロフェッショナルカメラ オブ ザ イヤー 2008-2009」と主要アワード三冠受賞という偉業を達成し、プロフェッショナル、ハイアマチュアユーザーのみならず、カメラ業界からも高い評価を得ています。

「D3S」は、「D3」の高度な基本性能を踏襲しつつ、プロカメラマンなど厳しい目を持つユーザーから寄せられた数々の要望を反映、動画機能を付加するなど新たな映像表現の可能性を提案するために開発されました。

主な特長

1. 常用感度ISO 12800 までをカバーし、さらにHi3(ISO 102400相当)までの増感も可能

「D3」であらゆる分野のプロフェッショナルから絶賛された常用ISO 6400 までの高感度性能を、高感度で低ノイズの新しいCMOSセンサーを開発することにより、ISO 200~12800 まで常用感度域を拡大させました。撮像感度は、さらに Hi3(ISO 102400 相当)までの増感、およびISO 100 相当までの減感が可能です。そのため、屋内や屋外(夜間)でのスポーツ競技、日没後の野生動物、夜の報道現場など光量に制限があり、しかもスピードライトが使えない場面でも撮影が可能です。

2. ニコン初採用の機能を搭載した、動画機能「Dムービー」

「D3S」に新たに採用した「Dムービー」は、動画から選択した 1コマをJPEGの静止画として保存し、プリントやWeb配信、Eメール添付に使うことができる静止画の切り出しが可能な機能や、録画した動画の始点と終点を設定することにより必要な部分のみを保存できる動画編集機能を備えています。
さらに、「高感度動画撮影モード」を選ぶと最高でISO 102400 相当の超高感度撮影が可能で、肉眼では見づらい状況でも被写体を確実に捉えることができます。ニコンFXフォーマットの大きなイメージセンサーと豊富な NIKKORレンズを組み合わせることにより、それぞれのレンズの特性とボケ味を生かした一眼レフカメラならではの動画撮影が可能です。また、外部ステレオマイクにも対応し、クリアで臨場感のあふれるステレオ録音が可能です。

3. ユーザーニーズを反映した操作性の向上

4. 「D3」から受け継いだ高画質・高速性・耐久性と機能

「EXPEED」テクノロジー搭載の画像処理システム

ニコン独自の包括的画像処理コンセプト「EXPEED」に基づいた最新の画像処理システムを搭載し、高画質化・処理速度高速化・省電力化のための様々な新機能、高性能を実現

高速連続撮影機能

FXフォーマットで約9コマ/秒、DXフォーマットで約11コマ/秒の高速連続撮影が可能

優れた耐久性

軽量かつ堅牢なマグネシウム合金の外観カバー、シャシー、ミラーボックスや、Oリング、パッキンなどで厳重にシーリングした接合部、実装状態で30万回のレリーズテストをクリアしたシャッターユニットが高い耐久性、防滴・防塵性を確保

CFカード ダブルスロット

2枚のCFカードをセットでき、[順次記録]、[バックアップ記録]、[RAW+JPEG分割記録]、および画像のスロット間コピーが可能

ピクチャーコントロールシステム

直感的な操作で明確な調整効果が得られる、ニコン独自の画作りシステム。「スタンダード」、「ニュートラル」、「ビビッド」、「モノクローム」の4種の設定を用意しており、さらにそれぞれの画作り構成要素(輪郭強調・コントラスト・明るさ・色の濃さ・色合い)も好みに応じて調整が可能

アクティブ D-ライティング

白とび、黒つぶれを抑えて、目で見た印象に近いコントラストに自動補正する機能。設定効果は「オート」「より強め」「強め」「標準」「弱め」の5段階。さらに、効果の度合いが異なる画像を最大5コマまで撮影し、撮影後に気に入った画像を選択することが可能なブラケティング機能も装備

高密度51ポイントAF採用のAFシステム

51のAFポイントを持つ、マルチ CAM3500FX オートフォーカスセンサーモジュールを搭載し、精度と速度を両立させた被写体捕捉性能

シーン認識システム

ニコン独自の1005分割 RGBセンサーで正確に被写体の色と明るさに関する情報を認識・解析し、その結果をAF、AE、i-TTL調光、AWB(オートホワイトバランス)に反映させて、精度の高い再現をサポート

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3S」の主な仕様

型式 レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
レンズマウント ニコンF マウント(AFカップリング、AF接点付)
有効画素数 12.1メガピクセル
撮像素子 36.0×23.9mm サイズCMOS センサー、ニコンFX フォーマット
記録画素数(※1) 4256×2832 ピクセル(サイズL)、3184×2120 ピクセル(サイズM)、2128×1416 ピクセル(サイズS)
画像モード 1)RAW 12ビット/14ビット 2)TIFF(RGB) 3)JPEG 4)RAWとJPEGの同時記録可能
記録媒体 コンパクトフラッシュカード(TypeI、UDMA対応) (※2)
連続撮影速度 FX フォーマット時: 最大約9コマ/秒 (撮影範囲、1.2×時、5:4時も同様)
DX フォーマット時: 最大約11コマ/秒
ISO感度 ISO 200~12800、ISO 200 に対し最大約1段の減感(ISO 100 相当)
ISO 12800 に対し最大約3段(ISO 102400 相当)の増感、感度自動制御が可能
液晶モニター 3型低温ポリシリコンTFT液晶、約92万ドット、明るさ調整可能
電源 使用電池:Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL4a 1個使用
AC電源:ACアダプターEH-6(別売)
大きさ(WxHxD) 約159.5 × 157 × 87.5mm
質量(重さ) 約1240g(バッテリー本体、メモリーカード、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバーを除く)
主な付属品 Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL4a(※3)、クイックチャージャーMH-22、USBケーブル、オーディオビデオケーブル、ストラップ、Software Suite CD-ROM

「ニコン Fマウント」誕生50周年を記念し、ボディーキャップデザインを変更

新ボディーキャップデザイン

ニコンの一眼レフカメラとその交換レンズ「NIKKOR(ニッコール)」に採用している、カメラにレンズを装着する機構「ニコン Fマウント」が今年6月で誕生から50年を迎えました。この機械的形状は50年間変わることなく、最新のデジタル一眼レフカメラでも採用されています。
これを記念して「D3S」から、ボディーキャップのデザインを変更しました。キャップには従来のニコンロゴとともに、「F マウント」の文字を入れたデザインを施しています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。