ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D3X」と「D90」が「TIPA ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード2009」を受賞

2009年5月7日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎、東京都千代田区)のデジタル一眼レフカメラ「D3X」と「D90」が欧州を代表する権威ある写真・映像関連の賞、「TIPA ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード 2009」でプロフェッショナル部門、アドバンスド部門の各賞を受賞しました。

「TIPA」は、欧州の主要なカメラ・映像関連専門誌の編集長とテクニカルエディターによって構成される団体です。毎年、欧州で発売された映像関連商品の中から、カテゴリーごとに最も優れた商品を選出し部門賞を贈呈しています。

ニコンの一眼レフカメラとその交換レンズ「NIKKOR(ニッコール)」に採用している、カメラにレンズを装着する機構「ニコンFマウント」が今年6月で誕生から50年を迎えます。この機械的形状は50年間変わることなく、最新のデジタル一眼レフカメラでも採用されています。今回の「D3X」「D90」の各賞受賞は、ニコンが持つ最新のデジタル画像技術とともに伝統の光学・精密技術が改めて高く評価されたことになります。

「D3X」の「TIPA ベスト プロフェッショナル デジタル一眼レフカメラ 2009」受賞理由

「D3X」はニコンが開発した35mmフィルムの画面サイズ(36×24mm)に準じるニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ 35.9×24.0mm)を搭載し、有効画素数24.5メガピクセルの高精細、高画質を実現したデジタル一眼レフカメラです。高解像度と優れた低ノイズ性能を同時に実現した「D3X」は、高度な技術を有するプロフェッショナルフォトグラファーの厳しい要求にも十分応えることができます。「D3」と共通の優れたカメラボディー設計、視野率約100%を確保した光学ファインダー (FXフォーマット時は上下左右約100%、DXフォーマット時は上下左右約97%)、安定感のあるグリップ、そしてその優れた機動性と操作性に高い評価を得ました。

「D90」の「TIPA ベスト アドバンスド デジタル一眼レフカメラ 2009」受賞理由

「D90」は多彩な機能と12.3メガピクセルの高精細・高画質を小型ボディーに凝縮、コストパフォーマンスに優れたデジタル一眼レフカメラです。ニコンDXフォーマットのフラッグシップ機「D300」と同等の解像度と画質を実現するCMOSセンサーを搭載。また、世界初(2008年8月27日の発表時点)の動画撮影機能「Dムービー」を搭載し、デジタル一眼レフカメラでの動画撮影を実現しました。これらの性能・機能を革新的な技術の融合により実現したデジタル一眼レフカメラとして、高い評価を得ました。

ニコンは長年にわたる、光学技術と先進技術を駆使したカメラおよびレンズの開発・製造を通じ、いつの時代でもどんな世界にも存在する「Special Moment(特別な一瞬)」をとらえる役割を担ってきました。「Special Moment(特別な一瞬)」をとらえることの喜び、そしてとらえた一瞬を共有する喜びをひとりでも多くの人に体験してもらうために、ニコンは今後も積極的に最先端の「光学」技術を盛り込んだ魅力的な製品を生み出すことで、光を楽しむこと「光楽(こうがく)」の価値を提案していきます。

なお、ニコンでは、デジタル時代の写真映像表現の未来を様々なかたちで提示する、ブランドコミュニケーションサイト「Nikon Next(ニコン ネクスト)」(www.nikonnext.comを展開しています。同サイトでは、今回受賞した「D3X」をはじめとするニコンのデジタルカメラの情報やアーティストたちによる作品を公開しています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。