35ミリ判一眼レフカメラ用、独自設計の交換レンズマウントとして世界最長

ニコンFマウント誕生50周年

2009年3月3日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎)の一眼レフカメラとその交換レンズ「NIKKOR(ニッコール)」に採用しているカメラにレンズを装着する機構、「ニコンFマウント」が、今年6月で誕生から50年を迎えます。35ミリ判一眼レフカメラで、独自設計のレンズマウントを現在まで50年間継続して製造するメーカーはほかになく世界最長となります。

ニコン(当時:日本光学工業)は、1959(昭和34)年に発売したニコン初のレンズ交換式一眼レフカメラ「ニコン F」にレンズマウントとして「ニコンFマウント」を採用。ニコンはこのレンズマウントの機械的な形状を変更することなく、時代に合わせた機能を実現し、最新のデジタル一眼レフカメラにも「ニコンFマウント」を採用しています。なお、ほとんどの一眼レフカメラのメーカーでは、オートフォーカス化やデジタル化などを実現するためにレンズマウントを変更しています。

レンズ交換式一眼レフカメラの醍醐味のひとつは、多くの交換レンズが使用できることです。レンズマウントの互換性を長年にわたり維持することで、より多くの交換レンズが活用できることになります。そのため、レンズマウントはカメラ愛好家やプロフォトグラファーにとっては、極めて重要な仕様です。

50年間、機械的な形状を変えていないニコンFマウント。ニコンFマウントは、ニコン一眼レフカメラとニッコールレンズをつなぐだけでなく、使うひとびとの世代と世代をつないできました。無限に拡がる光をとらえて、時を超えて世代と世代をつないでいくことを表現しています。

ニコンFマウントの進化と新機能への対応

1959年 ニコンFマウントを搭載したニコン初の一眼レフカメラ「ニコンF」発売
1977年 開放F値自動補正方式(AI方式)の採用
1983年 オートフォーカスへの対応
1986年 CPU内蔵ニッコールレンズ発売
1992年 Dタイプレンズ発売、距離情報をカメラに伝えることにより測光性能などを改善
1992年 AF-Iレンズ発売、レンズ内モーターによりオートフォーカスの高速化と静粛性を実現
1995年 デジタル一眼レフカメラへの対応
1996年 AF-Sレンズ発売、超音波モーターを搭載し、さらなるオートフォーカスの高速化と 静粛性を実現
2000年 VRレンズ発売、手ブレ軽減効果を実現
2001年 Gタイプレンズ発売、レンズのコンパクト化と操作性を改善
2003年 DXニッコール発売、ニコンDXフォーマット専用に軽量・コンパクト化を実現

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。